車検の前に愛車をチェックをしてみよう

どこで車検を受けるにせよ愛車の健康状態を自分の目と手で確認しておくのはとても大事なことです。交換が必要な消耗品等も、自分で交換できるものであれば、お財布にも優く、車に愛着もわくというものです。車検のタイミングではない人も、安全に走らせるためには、自身の使用環境に応じたサイクルで、または遠出するときに点検してみるようにしましょう。

灯火装置(方向指示器の作用、汚れ、損傷など)

車検では車両に付いている灯火類がきちんと点灯するかをチェックされます。ヘッドライトはもちろんのこと、フォグランプ、ハイマウントストップランプ、リアナンバー灯などは見落としがちです。球が複数個ある場合には、全てが点灯しなければなりません。

スモールライト、ストップランプ、ナンバープレート球などは切れやすいので、車検時以外でも予備を携行しておくと安心です。また、CAR用品店などで購入して付け替えたものには、車検に対応していないものもあります。事前に確認しましょう。レンズカバーなどが割れている場合は要交換となります。

ちなみに、この灯火類のチェック、ひとりで点検するにはちょっと難しい場所もありますので、家族や知人などに手伝ってもらうのがいいでしょう。

タイヤの摩耗

タイヤの溝の残量は、一番磨耗している箇所を測ります。また、亀裂・劣化によるひび割れ等がないかも確認しておきましょう。見えにくい内側はガソリンスタンドで点検できますよ。タイヤ、またはホイールが、フェンダー(車体)からはみ出している場合は不正改造車となりますので注意してください。

スリップサインが露出したら速やかに交換しましょう。

ガラスの損傷など

車検時に問題となる主なものは飛び石などによるガラスの割れです。飛び石による表面の小さな欠け程度なら問題になりませんが、明らかに大きな欠けがある場合や、少しでもヒビになっていると車検は通りません。ヒビが入ってしまっている場合は交換するしかありませんが、欠けであればガラスの補修でも大丈夫です。

また、ガラスにステッカーなど(フロントガラスとフロント左右のガラスのみ)が貼ってあるのもNGです。ちょっとしたステッカーやシールが貼ってあるだけでも車検は通りませんので出来るだけ事前に剥がしておきましょう。(※法律ではフロント3面のガラスには、車検ステッカーと点検ステッカー以外は一切貼ってはいけないことになっています)


カーコンでガラスリペア

飛び石等によるガラスの小さな損傷やヒビであれば、カーコンならガラスを交換しなくても修理できます。
ガラスの損傷は最初小さくても、走行や状態によってどんどん拡がります。ぜひご相談ください!
※損傷範囲により修理できない場合があります。また、ガラス修理が出来ない店舗があります。


 

その他、つい見落としやすい項目

警笛(ホーン)の作動
めったに鳴らさない人もいるのではないでしょうか。鳴らない事も意外と多いです。純正ではない伸びる音のホーンもダメです。

ウインドウ・ウォッシャー液
フロントガラスのウォッシャー液が出るかどうか。これも検査対象であって、出なければ車検は不合格となります。また、ウォッシャー液の出口が2つある場合には、両方から出なければいけません。

発炎筒の有効期限
助手席の足元によくある「 赤い筒状」が発炎筒です。発煙筒には使用期限が書かれています。この有効期限が切れている発炎筒はアウトです。もちろん! 備え付けがなくてもダメです。

メーターパネルの警告灯類
警告灯が点いている場合は、該当箇所に何らかの異常が発生しているという印です。点灯している警告灯は見落とさないと思いますが、意外と気づかないのがシートベルトの警告灯。平成6年式以降の車のには、「 シートベルト警告灯」があります。この警告灯はシートベルトを外した際に点かないと車検に合格しません。


豆知識
タイヤのローテーション
前輪駆動車(軽自動車や普通乗用車の小型車)の場合は、前輪の磨耗が早いので、新しいタイヤを2本を購入し、前輪に取り付けます。前輪についていたタイヤは左右対称に交差させて後輪に取り付けます。このようにローテーションさせていくとタイヤを長持ちさせることができます。逆に後輪駆動車の場合は、後輪の磨耗が早いので新しいタイヤを後輪に付け、後輪についていたタイヤをやはり左右対称に交差させて前輪にもっていくと効率的です。


「愛車人」2016年3月号

 

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す