【HONDA S660】現役ユーザの愛車レポート 第3回

【HONDA S660】現役ユーザの愛車レポート 第3回

第三回目となる今回は、発売から1年強が経過したホンダ・S660をピックアップ。販売は好調で納車待ちという人も多い中、現役オーナーさんにインタビューを行った。オーナーさんの採点とともに、生の声を見ていこう。

[神奈川県] 澤田 修一さん グレード:α(6MT) 走行距離:2000㎞ 前車:N-ONE

S660のコンセプトモデルを見た段階から「いずれ」買うと決めていました。ホンダはビートの後継車と言っていませんが、面影を感じさせるスタイルが気に入っています。

エクステリアデザインに関しては大変満足しています。しかし、リヤバンパーの下半分やサイドインテーク、ロールバー部分のブラックパネルは、雨染みや水滴のあとが残るばかりか、質感が低く感じられます。ここは少々値段が上がっても良いのでピアノブラックで塗装して欲しかったです。

ポケッテリアはビートよりも増えましたが、大物積みは厳しくビートよりも物が載らないのが泣き所。フロントBOXにはトイレットペーパー12ロールが入らなかったのには閉口してしまいました。

しかし、ハンドリングや乗り心地に軽自動車感は一切なく、轍を超えた時の収束もすごく落ち着いていて車格感があります。ステアフィールは重さも適切で、非常に素直な味付けと思います。しかもアジャイルと相まって運転が巧くなったと錯覚させるほど。6速まであるので100㎞/h巡航をしていても会話や音楽が聴けるほど快適です。窓を閉め切っていれば4000rpm〜5000rpmのあたりのエンジンサウンドがNSXのそれにちょっと似ていて高揚感があります。でもそれより上の回転数域では雑味があるので、ホンダらしい高回転域で弾ける痛快なタイプではないです。

リヤウインドウが小さく、サイドミラーも薄型で後退の際の後方視界が悪いです。買うなら絶対バックカメラは付けておいた方がいいと思います。

トラブルとしては、洗車時にワイパーを立たせたまま、ビートと同じようにボンネットを閉じたところ思いっきりワイパーアームを曲げてしまいました。ビートはチルトボンネットなので、構造的に挟みませんが、S660はアリゲータータイプなのでワイパーを立てたまま閉じるとワイパーがボンネットに挟まります…。

採点簿
01. エクステリア
02. インテリア
03. 収納類
04. 走行性能
05. 取り回し
06. 燃費

 

 

[茨城県]菊池 栄さんグレード:β(6MT)走行距離:9600㎞ 前車:MR-S その他

S660の正式発売の数年前から純粋に惚れ込んでヒタスラ欲しかった為、ビートを所有していますが購入しました。

気に入っているのは、やはり足回りです。とても良く設計されていて、リンク関係やサブフレームの剛性も素晴らしい。特にリヤのリンク構造の設計が際立ちます。サスストロークが発生してもトーの変化が少なく安定して走れます。ただ、VSAとAHAが特に邪魔で、自由にスイッチで切り替えられる仕様であってほしかったです。

購入後好みの仕様にしたかったのでβを選びましたが、ファブリックシートの座り心地が良く、αよりもホールド性があるように感じています。取り回しでは背面の窓の見切り構造と設計が悪いのが残念です。

採点簿
01. エクステリア
02. インテリア
03. 収納類
04. 走行性能
05. 取り回し
06. 燃費

 

daggerさん グレード:α(6MT)走行距離:8627㎞前車:ビート ver.C(所有中)

現在ビートも所有していますが、純正部品が少なくなってきた事と、年齢的に最後のスポーツカーだと思ったので増車しました。

狭いワインディングや街乗りでの軽快感が良く満足しています。アナログとデジタルが融合したメーターまわりや、アクティブスポイラーは気に入っています。合体系は男のロマンです。積載性も、このサイズでこのデザインならではの割り切りと思っているので不満はありません。載せるのは、夢と希望と感動。

気になる点としては、左後ろがほとんど見えないので、路地からの合流は気を使います。その他気になる点としては、クラッチ操作のフィーリングが悪く、下手になったかと思うくらいです。

採点簿
01. エクステリア
02. インテリア
03. 収納類
04. 走行性能
05. 取り回し
06. 燃費

 

[愛媛県] 田所 陽一さん 走行距離:350㎞ 前車:BMW 535GT

ポルシェのマカンGTSと迷いましたが、ホンダディーラーの店長に進められた勢いで、買い替えではなく、セカンドカーとして購入しました。

スピードを出さなくても楽しく、スポーツカーとしてのエッセンスを感じられ、ゆっくり曲がるだけでも楽しいです。斜め前からみたデザインが良く、小回りが効く点も大満足しています。

不満な点は、エンジン音が心地よくない点です。大きな音でも気になりませんが、音質が残念な印象です。また、スマートフォンを利用した純正ナビは使い辛く、その他ナビを取付できない点は不満です。オプションでシティーブレーキを付けましたが、ホンダセンシングのような安全装備は、もっとあっても良いのではと思います。

採点簿
01. エクステリア
02. インテリア
03. 収納類
04. 走行性能
05. 取り回し
06. 燃費

 

[山口県] T.Hさん グレード:α(6MT)走行距離:16500㎞ 前車:シビックタイプR(EP-3)

13年間シビックタイプRに乗り、S660に買い替えました。MR車に乗ってみたかったことと、軽自動車と思えないスタイリングからS660以外のクルマは考えませんでした。

とにかく運転していて気持ちよく、ちょっとした移動も楽しく感じます。軽自動車なので64馬力という制限に加え、多少発進時にもたつく感覚もありますが、クルマの性能を全て出し切って走れる感覚、旋回性能の高さなどが気に入っています。運転席のアイポイントが低く、操作系もコンパクトな中に詰め込まれているので、座るだけでワクワクします。2人で乗る場合は、買うものの大きさを気にしなければなりませんが、1人乗車の場合は助手席に何でも載るので不満はありません。

採点簿
01. エクステリア
02. インテリア
03. 収納類
04. 走行性能
05. 取り回し
06. 燃費

 

のむS660さんグレード:α(6MT)走行距離:2500㎞ 前車:ビート

以前はビートに乗っていましたが、老朽化からS660を気に入ったので買い替えました。

軽とは思えないどっしり感のある乗り味や、MRならではの小気味よく回れるハンドリングなどが気に入っています。ショックアブソーバーが硬めで、街乗りではコツコツとした感覚がありましたが、社外品の車高調に替えると改善されました。

エンジンフードはビートに比べ、やや高く残念に感じます。もう少し低いとかっこ良いと思うのですが…。室内は旧軽規格からの乗り換えなので広く感じます。シートや本革のステアリングホイールが心地よいです。

総合的には、クルマを操っている感覚があり、運転していて楽しいクルマだと感じています。

採点簿
01. エクステリア
02. インテリア
03. 収納類
04. 走行性能
05. 取り回し
06. 燃費

 

[結論] 積載性が低く視界は悪いが「ファン・トゥ・ドライブ」は間違いない

今回アンケートに協力してくれたオーナーさんの多くが、他のクルマとは迷わずS660を選んでいた。ウイークポイントとして、積載性やポケッテリアなど十分なものではない箇所もあるが、それも想定の範囲内。後方視界の悪さは多くの指摘があったが、バックモニターなどの装着でカバーしていた。

今回の調査では、スポーツモデルからの乗り換えという人が大半を占めたにもかかわらず、S660の走りの良さやクルマを操る感覚など「運転していて楽しい」という声が多く聞かれた。実用的なクルマが多く選ばれる時代に「世界で1番笑顔の似合うスポーツカー」というテーマで開発された開発陣の思いは、確実にオーナーさんに届いているようだった。

 

 

 

 

 

「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売却 する方法 >>

『月刊自家用車』2016年9月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す