【HONDA 新型 フ リ ー ド】ティザー開始

freed_img11_newmodel_201609

初秋デビューが濃厚!? HVと1.5ℓガソリンと公表

現行型を洗練させたオーソドックスなスタイル
「ちょうどいい」をコンセプトに2008年にモビリオの後継車として登場したフリード。その2代目の情報がホンダのホームページ上で公開された。6月24日の時点では少しシャドーがかかった写真だったが、7月8日にははっきりした写真に差し替えられ、サイドビューも公開された。

現行型のデザインを正常進化させたオーソドックスなスタイリングが特徴。ウインドウエリアの大きさから拡大された室内空間も想像できる。気になるデビュー時期は初秋が予想されている。

主要装備と価格帯イメージが判明!

1~3列目のタンデムディスタンスが90 ㎜拡大。取り回し性も変わらず
本誌締切直前に新型フリードの詳細情報をキャッチした。現行型と同じく2 /3列仕様を設定。3 列仕様は6 / 7 人乗りそれぞれが用意される。先進安全装備のHonda SENSINGも設定。車両本体価格は、装備の充実から現行型より若干高めになるようだ。2 列シート仕様にはN-BOX+のようなユーティリティボードを用意。室内空間も3列仕様で1 ~ 3 列目のタンデムディスタンスが90㎜拡大されるなど、進化を遂げる模様だ。

 

 

 

 

 

「新車値引き」の最新情報はこちら>>

フリードの中古車情報>>

今の愛車を もっと高く売却 する方法 >>

『月刊自家用車』2016年9月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す