NEWモデル試乗 [NISSAN] デイズルークス/[MITSUBISHI] eKスペース

NEWモデル試乗 [NISSAN] デイズルークス/[MITSUBISHI] eKスペース

高速コーナリングの安定性も高い、1クラス上の乗り味

ニッサンとミツビシの共同開発軽第2弾は、スライドドアを採用した新型スーパーハイト、デイズルークス/ eKスペース。NAとターボの両車に乗ることができたので、今回は気になるその走りをチェックしてみよう。

据わりの良い、穏やかな乗り心地は魅力的だ

スーパーハイト軽はタントから始まり、両側スライドドアを採用したパレット(現スペーシア)が加わり市場として定着した。ニッサン/ミツビシのアライアンスにより設立されたNMKV社開発の第2弾となったデイズルークス/eKスペースは、タントとパレットが拓いてきた同市場のニーズを的確に反映している。もっとも、デイズルークスの販売上の前モデルとなるルークスは、パレットのOEM供給車。車名とともにコンセプトを引き継ぐのも当然だろう。

大きなウインドウの見晴らしの良さと開放的なキャビン。日常用途で使いやすい収納性や機能。天井には後席空調を向上するシーリングファンを採用するなど、日常を子供と楽しく過ごすための配慮の利いた設計である。加えて俯瞰表示で車体周辺を映し出すモニターはナビ非装着でも使えるルームミラー表示型を一部に用意。軽でも普及が進んでいる市街地走行用衝突回避システムの設定がないのが惜しまれるが、お母さんを念頭にした運転支援機能も見所である。

そういったフレンドリィキャラをそのまま走りでも感じさせるのがフットワークである。基本シャシーは先に登場したデイズ/eKをベースにしている。同車の長所である、しっとりと据わりの良い穏やかな乗り心地はデイズルークス/eKスペースにも引き継がれていた。座面高が高く、挙動が誇張されやすいタイプだけに、フットワークの落ち着きは重要である。外観に似合わず高速コーナリングでの安定性も高く、同タイプでは一車格上の乗り味である。

少し気になるのはパワートレーンだ。回転を抑えて大スロットル開度で走らせるなどの今風の制御を行っており、巡航中は低回転を維持できるのだが、加速に移行するとすぐに回転が上がってしまい、上げ幅も大きめである。同じNA仕様の軽比でもトルクの余裕のなさを感じさせられるドライバビリティであり、この傾向は速度が高まるほど強くなる。この辺りの特性もデイズ/eKと共通であり、デイズ/eKより改良は加えられたものの、実用動力性能では先行ライバルに一歩及ばない。

ターボ車もライバル比較では同様の傾向だが、NA車に比べて回転控え目の加速も可能。高速域の余力も高まる。高速走行を考慮してターボ車を選ぶユーザーにはクラス以上のフットワークと併せてなかなか魅力的。ダウンサイザー好みのスーパーハイト軽とも言えよう。

dayz-1dayz-2

『月刊自家用車』 2014年5月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す