NEWモデル試乗 [LEXUS] GS300h

NEWモデル試乗 [LEXUS] GS300h

スポーティ過ぎない走りが持ち味だ

昨年、GSシリーズに追加設定されたGS300h。クラウンにも搭載の2.5L+モーターのTHSⅡを採用。その走りはスポーティというよりも、高級セダンのセオリーに合わせたものだった。

GS中、もっともバランスの取れた1台

レクサスGSの新バリエーションとして追加されたのがGS300hである。グレード名が示すとおりにハイブリッドを採用するが、従来からあるGS450hとは異なり4気筒ベースである。つまりクラウンで投入された2.5LのTHS Ⅱを移植されたモデルである。

4気筒の狙いは言うまでもなく省燃費にあるのだが、4気筒にして頂点クラスに見合った走りの高級感を得られるかが見所である。急加速時にはエンジン回転数も上がり4気筒を意識させられるが、一般走行ではエンジン騒音は巧く遮断されている。EV走行モードでの静粛性も加わり、静かさでは6気筒車に負けていない。ただ、GSのスポーティなキャラからすれば少々物足りなさも感じられる。スポーティモードでは常用回転レンジを高めるとともに速度とエンジン回転数を一致させている。それなりにスポーティだが、回して心地良いエンジンとは言い難い。

エンジン制御はエコモードでは回転変化も加減速反応も穏やか。微小な操作での加減速反応も良い。穏やかな運転で走らせた時にこそ生きるタイプ。GSのキャラというよりも高級セダンのセオリーに合わせた走りである。ゆったり志向の高級セダンとすれば乗り味にもう少し重質な滑らかさが欲しいが、6気筒にこだわらなければ走りの志向も価格設定でも先進性でも最もバランスの取れたモデル。スポーティに偏らないウェルバランス型でもある。同系のパワートレーンを搭載したクラウンとキャラの違いで選び分けても良い。

gs-1

『月刊自家用車』 2014年4月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す