NEWモデル試乗 [NISSAN] GT-R

NEWモデル試乗 [NISSAN] GT-R

高性能をキープしつつ快適性がさらに進化

究極のニッサンGT-Rを目指して開発された、最新の2014 年モデル。「今までになかったワクワクを体現した」というその実力を、川島茂夫がチェックする。

これまでより広いスポーツカーユーザーに対応した

ひと口にスポーツカーと言っても定義は様々で、限りなくレーシングカーに近いクルマもあればエキゾチックカーやらラグジュアリークーペなどもある。クルマにおける「スポーツ」の概念が様々ならば厳密に定義する必要もなく、楽しみ方はそれぞれだ。その中でこれまでのニッサンGT-Rを強いて位置付けるなら「ラップタイムシェイパー」である。つまりサーキットでの最高タイムを第一義としたスポーツカーだ。改良を加える毎にラグジュアリーな味わいや一般用途での快適性を向上させてきたが、基本はサーキットでの「一等賞」である。

’14年モデルの大きな変化は日常用途で犠牲を強いられない快適性と扱いやすさ。ラグジュアリー&プレミアム感覚を強めたとも言え、その違いは内外装の変更にも現れている。基本路線はハイパフォーマンスな強面路線だが、エレガンスな趣も加わって、ちょっと気取って楽しめるデートカーの雰囲気もある。走らせてみれば、その変化はさらに顕著だ。これまでも快適性を向上させてきたが、力で抑え込むような脚造りを基本としての変化。しかし最新モデルはストロークを使った、いわば「いなし」の造り。滑らかさとしなやかさが段違いに向上し、レーシングカー的な乗り心地から完全に脱却している。ギヤ鳴り等々のパワートレーン系の音などは相変わらずだが、街乗りや遠出も気楽になった。

余談だがラップタイムシェイパーとしての意義を捨てたわけではない。サーキットでニュルブルクリンクのタイムアタック仕様に同乗させてもらったが、後述するニスモ仕様よりもソフトなサスチューニング。つまり、荒れた路面でのロードホールディングを考えれば、しなやかな脚使いはオールラウンドなスポーツ性能を向上させるのだ。

ちなみにボディや足回りなど大幅な設計変更を加えたため、これまで設定されていたバージョンアッププログラムは実質的に不可能で、廃止されている。とはいえ力強さこそGT-Rというユーザーも少なくないだろう。そういった向きのためのモデルが「ニスモ」である。600PS に出力を向上したエンジンなどパワートレーン、足回りともに専用の改造とチューニングが施されている。サーキットでの試乗となったが、そうあることが自然と思える走りなのだ。強烈なパワーを確実に路面に伝え限界での微妙なコントロール性を維持。それでいて神経質でもじゃじゃ馬でもない。サーキットで遺憾なくパフォーマンスを発揮すべく開発されたのが走るほどに伝わってくる。標準系とニスモの2車を乗り比べるとスカイラインGT-Rの最終モデルとなったR34型のMスペックとVスペックの関係を思い出させる。ただし、圧倒的な高性能を背景にニッサンGT-Rの’14モデルはエレガンス系を標準としてサーキット志向高性能系を派生とし、これまでよりも幅広いスポーツカーユーザータイプに対応したのだ。

gtr-1gtr-2

『月刊自家用車』 2014年2月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す