NEWモデル試乗 [NISSAN] マーチNISMO

NEWモデル試乗 [NISSAN] マーチNISMO

日常域でも心地良い走りを目指したタウンスポーツ

日産のレーシングカーやチューニングパーツの開発を行っているニスモがチューニングを手掛けた、マーチNISMO が遂に12 月から発売される。数々の専用装備を奢った、スペシャルな1台だ。

軽量ボディ+チューンで爽快な走りを目指し

マーチNISMOは2グレードあり、ひとつは標準車と共通の1.2ℓエンジン+CVTに、専用の足回りと内外装のパーツを組みこんだNISMOで、もうひとつは標準車には設定のない1.5L4気筒エンジン+5MTのNISMO Sだ。

両車ともにサスペンションはダンパーからスプリング、タイヤまで専用チューニングが施されている。ただし、そのセッティングはワインディングだけを重視したハードな乗り心地ではなく、街中でも日常的にスポーティで心地よい走りが味わえる、タウンスポーツを目指している。エクステリアにはレースシーンで培った空力技術を導入して開発されたエアロバンパーやルーフスポイラーを装備。インテリアも赤いセンターマーク入りの本革&アルカンターラ専用ステアリングやを採用するなど、スポーツマインドに溢れている。

NISMO Sのエンジンはカムプロフィールや圧縮比、エキゾーストまでファインチューニングが施されており、力強い低速トルクを発揮。軽量ボディと相まって、爽快な加速が味わえるはず。NISMO Sはボディ剛性も強化されており、強化ブレーキやスタビライザーも装備。ステアリングギヤ比もクイックに設定されているので、ハンドリングもシャープな味付けとなっている。スポーツシートや専用アルミペダル、専用メーターなども装備されているので、よりスポーティな走りを満喫できるだろう。これだけの専用アイテムを採用しながらも、両車とも手が届きやすい価格を実現しているのも魅力だ。

march-1

『月刊自家用車』 2013年12月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す