【ポルシェ 718 ボクスター/718ケイマン】NEW MODEL試乗(海外試乗速報)

【ポルシェ 718 ボクスター/718ケイマン】NEW MODEL試乗(海外試乗速報)

伝説の「718」をネーミングに採用“水平対向4気筒ターボ”ポルシェの実力は

環境にも優しい新開発の水平対向4気筒ターボは
ポルシェらしいスポーツフィーリングを実現

1950〜1960年代にサーキットで活躍した718。そんな往年のモデルにあやかった名前が与えられたのが『718ボクスター』。

両者に共通するのは、シート背後に水平対向4気筒エンジンを搭載すること。従来の自然吸気水平対向6気筒に替え、新開発のターボ付き4気筒ユニットが搭載されるのが、最新ボクスターなのだ。

従来型からキャリーオーバーした骨格に、新たな心臓を積んだ理由――それは、CO2排出量の低減と燃費の向上にある。従来型の2・7/3・4リッター6気筒から、2・0/2・5リッター・ターボ付き4気筒へと変更されたのは、これこそが目的なのだ。

とはいえポルシェ車の場合、効率向上には必ず〝走りの進化〞が伴う。実際、特に街乗りシーンでのトルク感は大幅な増強だ。

こうして、日常シーンを中心に力強さが増したことで、クルマ全体の軽快感が向上したのは特筆もの。リヤ・サスペンションの横剛性アップをメインにシャシーにも手が加えられ、特徴である俊敏なハンドリング感覚に磨きがかけられた上で、快適性も高まった。

一方で、サウンドは〝6気筒時代〞とは明確に異なり、強調された重低音が目立つもの。ここだけは、好みが大きく分かれそうだ。

主要諸元(Porsche 718 Boxster マニュアル仕様)
●全長×全幅×全高(㎜): 4379×1801×1281
●ホイールベース(㎜):2475
●車両重量(㎏):1335
●駆動方式:MR
●パワートレーン:1988㏄水平対向4DOHCターボ(300PS/380N・m)
●トランスミッション:6速MT
●燃料タンク(ℓ):54(ハイオク)
●タイヤサイズ:(前)235/40ZR19/(後)265/40ZR19

<<「試乗レポート」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>> 

<<ポルシェの中古車情報>>

 

『月刊自家用車』2016年7月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す