NEWモデル試乗 [HONDA] CR-Z

NEWモデル試乗 [HONDA] CR-Z

燃費性能が重要視されるハイブリッドカーのジャンルにおいて、スポーツ性能も高次元で両立したことで注目を集めたCR-Z。そんなエポックメイキングなクルマが、ハイブリッド性能を大幅に高めるビッグマイチェンを行った。“電気ターボ”とでも言うべきプラススポーツシステムに注目だ!

プラススポーツシステムの強烈な加速!“エコ&スポーツ”がますます進化した

ハイブリッド・スポーツという新たなジャンルを開拓し、2010年2月の発売から累計販売が3万5000台と、一定のファン層を築き上げたCR-Z。コンパクトな2ドアクーペスタイルながら、後席を持つ2+2シーターで実用性にも優れること、そして250万円前後と手の届きやすい価格なども、人気に一役買ったと言えるだろう。

今回のマイナーチェンジでは、そうした良さは残しつつ、ハイブリッド性能を強化すべく、大幅な変更が施された。まず1.5Lのi-VTECエンジンは、従来の1バルブ休止から高回転LO/Hi仕様に変更。CVT、6MTともにシステム合計で12PSの出力アップを達成しており、これに伴い、高強度のクランク材も採用。CVTは油温・油圧センサーを追加し、変速をより効率良く制御するように進化。6MTは約1.6㎏・mアップの19.38㎏・mとなったトルクフルな走りに対応し、クラッチをサイズアップしている。さらに従来のニッケル水素バッテリーに代わり、144V/18.8kWに電圧・電力共にアップしたリチウムイオンバッテリーを新採用。熱変化に強くなったため、パワーセーブモードに入りにくくなり、その分頻繁なモーターアシストが可能となった。そして、もうひとつ大きな変更が通称"ヒミツのスイッチ"こと、プラススポーツシステム。30㎞/h以上で走行中、バッテリー残量が目盛りで4つ以上の時に、ステアリングに備わるスイッチを押して5秒以内にアクセルを踏むと、その瞬間からエンジン出力とモーターアシストがフルに切り替わる。体感では3.0L・V6並みの加速フィールが味わえるというものだ。

さっそく試乗してみると、まずCVTモデルは低速からのなめらかさ、とくに60㎞/hくらいまでが驚くほどスムーズになった。コーナリングでのブレもなく、これはCVT制御の変更に加え、サスペンションの改良も効いているのだろう。MTモデルはさらに路面へ張り付くような感覚が増してスポーティ。そしてプラススポーツシステムは、後ろからガツンと蹴られたような強烈な加速に驚いた。何度も試したくなる楽しさだ。外観ではポジションランプのLEDが4灯から8灯になり、内装の質感アップや収納の使い勝手も向上。新しいCR-Zは、人への優しさもありつつ、ますますエコとスポーツの融合が進化している印象だ。

12CRZ-112CRZ-2

『月刊自家用車』 2012年12月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す