NEWモデル試乗 [SUZUKI] スペーシア

NEWモデル試乗 [SUZUKI] スペーシア

スズキの軽スーバーハイトワゴン・スベーシアに待望の‘‘カスタム”が追加された。親しみやすい標準車に対して、ワゴンRスティングレーと同じ手法でスポーティにカスタマイズされている。

男っぽいスタイルでも本質的には優しい走り
街乗りも長距離も心地よくこなす

「日常と生活を楽しく」は軽乗用車の売れセンの特徴。結果、「かわゆい」傾向が強まる。一昔前の女性趣味に偏ったクルマは減ったが、それでも男性など抵抗のあるユーザーも少なくないだろう。そこで嗜好を変えたドレスアップを施したスペシャリティ系をラインナップするのも軽乗用車では常識である。

試乗したスペーシアカスタムも、そんなスペシャリティ系。標準車の「ファミリー感」が減少しているが、意外と穏やかなキャラである。スポーティ感とかカスタマイズ感は控え目で、車格感向上を主にちょっと高性能感をトッピングしたような趣。乗れば標準車とあまり変わらない。試乗車はターボを搭載した最上級仕様。スペーシア系では唯一の幅インチ仕様となるため、細かな路面凹凸に若干神経質になっているが、ストロークを活かして高い重心をゆっくり動かすフットワークは標準車と同様である。見かけに似合わず高速域でも不安定な挙動は少ない。操縦性も落ち着いている。スポーティとは言い難いが、街乗りもちょっとした遠出も心地良くこなせるタイプだ。

副変速機付きワイドレンジCVTの特徴を活かして、回転変化を抑えたパワートレーン制御も同じ。トルクに余裕のあるターボ車では加速時の回転上昇をさらに抑えて、ドライバビリティでもゆったりした味わいである。一般的な用途ではターボの必要はないが、距離を延ばす用途を何処までカバーできるか気になるダウンサイザーには、この余力は魅力的である。

見晴らしの良い広々キャビンのゆったりとした居心地。マイルーム感覚で使いやすいユーティリティ等々のスペーシアの美点はそのままカスタムにも受け継がれている。なおインテリア色は黒を基調とし、オーディオパネルの加飾には艶やかなピアノブラックを採用。車格感のある大人っぽい雰囲気が標準車と異質のくつろぎを与える。

ドライブフィールや性能でカスタムの個性がない、という言い方もできるだろう。確かにスポーティな走りまで求めるユーザーには優等生すぎてつまらないが、きちんと纒まったものは往々にして薄味に感じるもの。だからこそさり気なく長く使える。そういった持ち味をわざわざアンバランスにする必要もないだろう。乗ってみればTV・CMの「石原軍団」が示している男っぽさの本質が優しさにあるのが理解できるはずだ。

1308SPAC-11308SPAC-2

『月刊自家用車』 2013年8月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す