NEWモデル試乗 [SUBARU] フォレスター & [MAZDA] CX-5

NEWモデル試乗 [SUBARU] フォレスター & [MAZDA] CX-5

人気SUVの2車。それぞれ全くキャラクターが異なりそうだが、実はともにツーリングワゴンとしての側面を持っており、ライバルになり得る間柄。普段使いにも便利なツーリングワゴンとしての適性が高いのはどちらだろうか?

燃費性能ならCX-5、安全装備はフォレスター

両車ともに全長は4.6m未満、全幅は1.8m前後。コンパクトワ・コンより一回り大きいが、一昔前の1.8L級ワゴンと大差ない平面寸法である。長距離用途には余裕を感じさせ、市街地用途では取り回しに苦労がない汎用性の高いサイズだ。ただし、全高は1.7m前後なので立体駐車場の使用は難しい。いずれにせよタウン&ツーリングにレジャー用途適性を加えているのが両車の特徴。クロスオーバーSUVそのものである。

志向面ではCX‐5がツーリング、フォレスターがレジャーという区別もできるが、バランス点の違いのようなもの。CX‐5のツーリング性能の高さは省燃費と余力を高次元で両立したディーゼルによるが、フォレスターはロングツーリングの運転疲労軽減に多大な効果がある全車速追従式クルコンを備えたアイサイトがある。レジャーユース面では荷室積載性や悪路踏破性でフォレスターに分があるが、適応用途に影響するほどの違いはない。つまり、この2車の選び分けはユーザー側の要求項目優先順位の違いによるのだ。

ロングツーリングに最適な仕様はCX‐5ではディーゼル車、フォレスターは経済性も加味してNAのアイサイト車。価格はCX‐5が279万円(4WD車)から、フォレスターは251万円から。ただし、CX‐5は衝突回避装備のSCBS(シティセーフティ)は約8万円のOPである。しかもSCBSはプリクラッシュに比べると機能面で簡易型の印象は拭えない。余談ながら同じディーゼルを搭載するアテンザにはプリクラッシュ/ACCが用意されているので、サイズやSUVへのこだわりがなければアテンザを選ぶのも一考である。

安全装備以外の装備差による両車の実質的価格差は㈹万円を超え、ディーゼルの省燃費をしても燃料代で経済的メリットを得られるのは頻繁な長距離走行のヘビーユーザーでも不可能である。ちなみにJC08モード燃費と現在の燃料単価による試算では15万km以上必要である。その点、安全機能と運転支援機能は用途に関わらず誰にでもメリットがあり、フォレスターのアイサイト仕様はSUVでは最もコストパフォーマンスに優れる。

燃費と動力性能ならばCX‐5、運転疲労軽減と安全機能の充実ではフォレスターという選び分けになるのだが、どちらもクルマの進化の最重要点だけに迷いどころである。

1305fores-11305fores-2

『月刊自家用車』 2013年5月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す