NEWモデル試乗 [TOYOTA] クラウン&クラウンハイブリッド

NEWモデル試乗 [TOYOTA] クラウン&クラウンハイブリッド

大胆なエクステリアデザインに加え、バワーユニットにも新しく2.5L直4+モーターを採用した新型クラウンHV。スムーズかつ静かな走りで定評のあるV6ガソリン車と比べて、そのアドバンテージはどれほどのものなのだろうか? 国産最上級を求める人、必見の対決だ!

クラウンらしい重質な滑らかさ。V6の走りの質感はHV以上だ!
4気筒を感じさせない洗練された新型HV

車格感に徹底的にこだわるなら大排気量多気筒エンジンの優位性は否定できない。滑らかな回転感覚と排気音、さらには重量が生み出す振動騒音面での質感の高さ等々はクラウンの魅力でもある。新型車からHVを2.5L4気筒ベースにスイッチしているが、グレード面では従来の3L相当になるとは言え、走りの質感を追えばやはりV6車が有利と言わざるを得ない。

クラウンに搭載されるV6は、直6にも負けない重質な滑らかさが魅力だ。同クラスではトップレベルの動力性能を実現しながら、加速時にも紳士的なエンジンフィールを特徴とする。まさにクラウンの求めるパワートレーンそのものであり、それは新型にも継承されている。

もっとも、V6のパワートレーンはキャリーオーバーの感も強い。少なくとも新型に乗る醍醐味がないのは正直な印象だ。同じことはフットワークにも言え、ゼロクラウンの衝撃やそこから乗り心地の改善を加えながら進化してきた先代と比較すると新型は足踏みの感が強い。

一方、4気筒のハンデを背負ったHVだが、車体設計での振動静粛性の良さがあるにしても、パワートレーンの設計からクラウンの快適性を意識して開発されているのがよく分かる。エンジン本体のパワーアップだけでなくトルク特性も良好であり、排気量縮小のHVながら、他の4気筒THSⅡと比較するとエンジンの回転数変化が少ない。言い換えるならCVT感覚が減少している。マニュアル変速機構も設定し、ステップATからの乗り替えでも違和感を最小限に抑えるように工夫されている。ここにHVの電動走行の静かさが加わる。エンジン始動の滑らかさだけでなく、基本静粛性の高さにより始動停止がほとんど分からない。この辺は先代HV以上に洗練されている。

乗り心地についてもHVは重質な味わいでは若干劣る。やはり鼻先に重みがあったほうが細かなピッチ変化の滑らかさや揺れの収束の穏やかさで勝る。もっとも、これにしても「細かなことを言えば」の範囲であり、パワートレーンの感覚の違いよりも差は少ない。また、ロイヤル系、アスリート系でそれぞれ味付けが異なるが、ちょっとした嗜好の違いであり、同クラスのセダン群で比較すれば、どれもクラウンの走り以外の何物でもない。走りの質感ではV6が優勢だが、先進性を含めればHVに軍配が上がると言っていい。

燃費とエンジンフィール、価格での選び分けとなる

先代のHVは3.5LのV6ベースのTHSⅡを採用。ロイヤル/アスリート系の最上位に位置し、マジエスタと同格の設定だった。実際に動力性能でも最上位車種だったのだが、新型のHVは従来の3L車に代わる設定である。これにより性能面のトップモデルはアスリートの3.5Lとなり、価格設定でもHVより上位に位置する。

前記した通り、核となるエンジンは4気筒の2.5L。モーターによる駆動トルクの増加により、実用動力性能面では3L相当だ。もちろん、走行エネルギーはすべてエンジンが生み出しているわけで、最終的には2.5L以上の性能にはならない。付け加えるならTHSⅡは厳密にはエンジン出力をすべて駆動に用いることができない。エンジン走行中は必ず充電が行われる。つまり、3L相当の動力性能は十分な蓄電量があればこそなのだ。もっとも、全開で延々と走り続ける状況など一般的にはありえない。だからこそ電動走行やエンジンの高効率領
域だけを使えるハイブリッドが活きるのだ。

3L相当となったのはエコ志向からすれば歓迎されるのだが、実質的にはダウングレードであり、従来車では先進安全装備を中心にHV専用装備も用意されていたが、新型の装備設定はV6車の同グレードと共通している。ただし、安全装備に関しては先進性よりも実利と普及に路線変更した結果でもある。ペダル踏み間違い急発進事故予防や停車制御。フリクラッシュセーフティなど実効性の高い機能を主とする。オートクルーズコントロールは全車速追従式ではないが、前記プリクラッシュセーフティ等の安全装備ともに10.5万円のパッケジOPというお買い得な設定。ロイヤル/アスリートともにベーシックグレード以外への設定であり、これもHV/V6車共通だ。内外装ではHVは全車シートヒーターを標準装着するが、上級設定というよりも空調による燃費ダウン対策が主な目的。VDlMやシステムインジケーターはHV付随装備であり、先代のように内外装や装備でHVを特別扱いした部分はほとんどない。

結果的には燃費とエンジンフィールと価格で選ぶことになるが、旧来の高級セダンのテイストを求めるならV6車が無難。しかし、大きく異なる実用燃費とエコ時代のプレミアム性を考えれば今後の主流はHV。経済性と時代性を考えた選択だ。

1305crow-11305crow-21305crow-31305crow-4

『月刊自家用車』 2013年5月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す