NEWモデル試乗 [HONDA] N-BOX+

NEWモデル試乗 [HONDA] N-BOX+

N BOXの販売が絶好調で、まさに「2012年は軽の年」となりそうなホンダ。そんなホンダ軽第2弾となるN BOX+はアレンジして楽しめるラゲッジが特徴。さっそくその走りとラゲッジの使い勝手を徹底的にチェックした。

走りもラゲッジもホンダらしさにあふれる
レジャーに挑戦したいダウンサイザーに好適

ホンダ軽では初となるCVTの採用など、一新されたパワートレーン。最近のCVT車としては比較的高い回転域を用い、伸びやかな加速感が特徴。早めのダウンシフト制御がドライブフィールにメリハリを与えている。余力感よりも運転している手応えを感じたいドライバーには好ましい特性であり、省燃費傾向が強まる中でもホンダ車は少し違う、と思わせるのが上手い。

それはフットワークでも同様だ。ことさらのスポーティ感ではないが、抑制の利いたロール制御でハイト系にありがちな腰高感はあまりない。高速では多少神経質な印象もあるが、操舵追従性の良いハンドリングも「ホンダらしさ」のポイントだ。

エンジンフィールや細かな振動の抑え込みでは若干、洗練度の低さを感じる部分もあるが、最新軽乗用とホンダ車らしさが巧みに両立されている。

ただし、これらはいずれも標準系(N BOX)と共通である。つまり走行性能や走りのテイストは標準系とプラス系を選び分ける要因にはならない。

プラス系の最大の特徴はキャビンの使い勝手だ。標準系はタントやパレット同様に街中や近郊を中心としたファミリーユース向けの設計。広々開放的で親しみやすいが、レジャーユースのイメージや使い勝手の工夫は少ない。しかし。プラスは後席を含みキャビン後半部を専用設計として、多用途性を大きく向上させている。

第1のポイントは前席とマルチボードによりフラットな面構成するベッドモード。既製品のマットレスを敷けば2人の車中泊も楽々。第2のポイントは積み降ろしに配慮して斜めになった荷室床面。自転車の積載を意識した設計だが、傾斜床とエンドボードのお陰で箱に収めるようにバッグ等を積載できる。なお、小型のゴルフバッグなら4本を縦積みすることも可能であり、4人ゴルフも1車で済ませられる。あるいはマルチボードをテーブルに簡易作業をする等々、あんな使い方こんな積み方、と想像力を刺激してくれるのがプラスの荷室機能なのである。

そういった点ではフリードスパイクの弟分的存在なのだが、ダウンサイジングを機にレジャードーフイブを中心とした新しい楽しみ方に挑戦したいと考えているユーザーには打って付け。軽乗用では高速長距離は厳しいが、TPOに合わせて楽しめる多様性は大きな魅力である。

1210nbox-11210nbox-2

『月刊自家用車』 2012年10月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す