NEWモデル試乗 [TOYOTA] ウィッシュ

NEWモデル試乗 [TOYOTA] ウィッシュ

燃費が向上し、全車エコ減対象となったウィッシュ。デザインはよりスポーティさを強め、グレード別の個性を際立たせた。気になるその走りも、乗り心地のよさ・エコモード時の力強さが増しており確実に進化していた。

穏やかかつ力強い走りで心地良く乗れる
ハンドリングは安定、乗り心地も向上している

グリルやエアロ仕様のデザイン変更、上級グレードへのカーボン調加飾パネルの採用などのフェイスリフト、燃費向上が主な変更点である。燃費は1.8L車の10・15モード対比で約3%の向上、JC08モード燃費も公表され2L車を含めて全車エコカー減税の対象となった。

誤解のないように付け加えるなら、決して減税狙いのみの改良ではない。エコモードの一般走行パターンでは常用回転数を2000回転以下に抑え、なおかつキックダウンするアクセルの踏み込み量が深まっている。つまり、ギアを維持しながら加速できる領域が拡がり、ドライブフィールは以前よりも穏やかで力強くなった。ノーマル/スポーツモードは従来車とあまり変わらず、回転を高めつつ小気味よく走らせる制御だ。

また、乗り心地からは突っ張った感覚が減少した。荒れた路面でも細かく突き上げられるような振動がなくなり、ハンドリングの安定感と乗り心地の肌触りのよさがいいバランスで存在している。

プラス2席程度のサードシート、内外装やフットワークからしても一昔前のスポーティワゴンの代替に位置付けたほうが適切。マイナーチェンジではそのキャラを維持しながら、マニア趣味に走らずにドライバーと同乗者、日常とレジャーの折り合いをうまく付けている。

1207WISH-1

『月刊自家用車』 2012年7月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す