NEWモデル試乗 [MITSUBISHI] eKスペース

NEWモデル試乗 [MITSUBISHI] eKスペース

中庸域での繋がり感が向上し、より扱いやすくなった。

登場以来、確実にその走りをレベルアップさせてきているeKスペース。今回の改良でも、ドライバビリティが向上していた。

エンジン回転の頻繁な変化は改善が望まれる。

初代タントによって拓かれたスーパーハイト系も今や売れセンのひとつである。eKスペースは同市場を狙ったモデルであり、広々としたキャビンや安全装備、ファミリーユース向けの機能などの求められる要素を不足なく備えている。

走行性能の改良ではアイドリングストップの停車前エンジン停止の速度を13km/hに高めるなどの燃費向上が主である。試乗した印象は小改良の範囲を超えないが、巡航から加速などの中庸域の繋がりが良くなり、ドライバビリティが改善されている。扱いやすさは実燃費向上の点でも効果的である。また、ターボ車にもアイドリングストップが採用され、燃費面だけでなく印象面でも現代的になった。

NA車とターボ車の違いは加速時の回転数に現れる。もちろん、ターボ車が低い回転数で賄えるのだが、高速や登坂、急加速時を除けばNA車と大差なく思えてしまうのが難点。加速ではNA車もターボ車もダウンシフトから入る。振れ幅は少ないながらも加減速でのエンジン回転の変化が頻繁である。それが余力感を低下させるのだが、ターボ車の制御も同様なのだ。せっかくの大トルクなら変速比固定で加速できる領域を拡大して余力感を優先して欲しい。

この改良で追加されたツートーンボディ色にしても、先行するダイハツとスズキを追走する感が強い。しかし、その差は確実に縮まり、乗り心地の質感などの長所とのトレードオフを考慮しなくてもいい。ユーザーが相性だけで選ぶのに十分な競争力を得ている。

 

P00044

 

『月刊自家用車』 2015年7月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す