NEWモデル試乗 [SUBARU] インプレッサG4/スポーツ

NEWモデル試乗 [SUBARU] インプレッサG4/スポーツ

4代目となる新型インプレッサの商品コンセプトは「New Value Class」。スタイリッシュな外観と質感の高い内装を備え、より上質なクルマへと生まれ変わった。肝心の「走り」もまた、快適さを向上させた上質なものだった。

ツーリング志向を強めた心地の良い走り
硬さを抑えた足回りで乗り心地はさらにマイルドに

歴代モデルはスポーツセダンの象徴的な存在だったが、先代からプレミアム感溢れる上級コンパクトカーに路線を変更。そのコンセプトをさらに進めたのが今回の新型。スバルファミリーに共通したイメージのフロントマスクの影響もあるが、見た目はレガシィを一回り小さくしたようだ。押し出しや迫力よりも上質さをアピールする外観だ。

試乗するとその印象はさらに強くなる。先代も快適性を向上させる方向で進化していたが、乗り心地も静粛性もさらにマイルドになった。若干、細かな揺れ残りを感じるものの、柔らかく路面の凹凸を吸収する脚使いが心地よい。普段から硬い乗り心地でスポーツを意識したいユーザーには軟弱に思えるかもしれないが、路面や速度を選ばずに快適に過ごせるのはタウン&ツーリングでは要点である。

付け加えるなら操安でも高く評価できる。基本は高速域での安定性であり、神経質にならずに高いアベレージを維持できる穏やかさと素直さが狙い。鋭い反応や限界での微妙なコントロール性を求めると、乗り心地同様に日和ったように感じられるが、これもまた快適なツーリングを楽しむ要点のひとつである。

心地良い走りのもうひとつの立役者がパワートレーンである。エンジンは両排気量共にロングストロークの新世代型。さらにミッションは新開発のCVT。低中回転域のトルクに乗せて、回転変化を抑えて穏やかに力強く、という実用性能と燃費の両立型。ただし、先にCVTを採用しているレガシィと比べると使用回転レンジは広い。感覚的にはダウンシフトのタイミングや加速時の回転数がレガシィでスポーツモードを選択している時に近い。軽快な加速感と燃費のバランスを採った設定であり、その効果もあって1.6L車でも意外なほど中速巡航中の加速に優れている。国際市場共通スペックのための1.6Lで、国内市場を少々蔑ろにした印象もあったのだが、走らせてみればプラス100㏄の余裕を実感して納得させられてしまう。

試乗車には装備されていなかったが2ℓ車ではアイサイト車も設定され、大きなクルマは必要ないが走りの質や安全性にはこだわりたいと考えているユーザーが求めるもののすべてが揃っている。スポーツだ、スバル独自のメカだ、と声高にしなくても十二分に魅力的であり、スバルファン以外にも受け入れられやすい特徴を備えているのだ。

1202imprezza-11202imprezza-21202imprezza-3

『月刊自家用車』 2012年2月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す