NEWモデル試乗 [TOYOTA] プレミオ

NEWモデル試乗 [TOYOTA] プレミオ

エコでバワフルな24エンジンを新設定、余力が増して運転ストレスが低減

現行車へのバトンタッチ時点で途切れていた2L車が追加された。注目はエンジンである。現行ノア/ヴオクシーから採用されたスロットル制御を吸気バルブで行うバルブマチック仕様を搭載。1.8L車に対して50kgの車重増で等価慣性重量が250kg増となる1.5tクラスになっているにもかかわらず15.6km/Lのモード燃費を達成。実質的には1.8L車とほぼ同等の燃費スペックを持っているのである。しかし、2L車の魅力は何といっても走りの余裕である。半ばCVT専用エンジンとして開発されたバルブマチックだけあって、エンジン本体の地力をCVTが巧みに使う。アクセルの踏み込み量も回転数も控えながら悠々と加速する。高速走行でも滅多に高回転を使うことはなく、力強く落ち着いたドライフフィールが車格感を高めている。フットワークは従来車と同様。エンジンフイールは並みの4気筒。全体の走りの質感は手頃なミドルセダンそのものだが、余力の増加は運転ストレスを低減してくれる。

08PREMIO-1

『月刊自家用車』 2008年4月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す