NEWモデル試乗 [TOYOTA] ラクティス

NEWモデル試乗 [TOYOTA] ラクティス

走りが大人っぽくなり、いっそう小旅行に適したモデルに

フェイスリフトを主体としたマイチェンだが、装備の見直しが図られサイド&カーテンエアバッグを全車標準としたのが見所。また、オートライトやリバース連動ドアミラーなどの装備も追加された。

基本ハードウェアの目立った変更はないのだが、実際に試乗してみると乗り味がけつこう違った。従来はメリハリを誇張した操縦感覚やバネの利いた硬めのサスチューンを意識したが、新型は柔らかめにサスストロークを長く使い、操縦性も乗り心地も穏やかになっている。志向転換というほどではなく、あざとい演出をなくして素直な乗り味にした程度の変化だが、ユーティリティの高さを求めてラクティスを選ぶユーザーには馴染みやすくなっている。

なお、うまく中高回転を活かして高速域まで安定した加速性能を発揮する1.3LとCVTのコンビは健在。さらに余力のある1.5Lもあるが、1.3Lでも発進時の応答遅れでやや唐突に加速するのが多少気になるものの、定員乗車や2名十レジャー用品を積んでちょっとしたドライブを楽しむには十分な性能を備えている。

08RACTIS-1

『月刊自家用車』 2008年4月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す