NEWモデル試乗 [NISSAN] ティーダ

NEWモデル試乗 [NISSAN] ティーダ

車格感が向上し、ダウンサイジング志向のユーザーに最適な1台

上質な内外装で大人の味わいが深まり、フットワークも安心感が向上している

ハイトパッケージの広い室内やモダンリビング感覚のデザインによるくつろぎの演出がティーダの売り物だが、MCの狙いもその魅力の磨き上げにある。外観は前後ともにランプやバンパーなどを変更して車格感をアップ。内装ではシート地デザインの変更や加飾パネルの追加などが施されている。大まかな雰囲気は変わっていないが、車格感が向上して大人の味わいもまた深くなっている。

走りの進化も見逃せないポイン卜である。従来車は運転感覚の軽さばかりが目立つ街乗り志向の味付けだったが、新型になってフットワークの安心感が随分と高まっている。ひとつは操舵感の改善。多少重くなったが、中立や操舵時の据わりがよくなっている。もうひとつはフットワークそのもの改善。車軸まわりのヒョコつくような揺れが増加したものの、適度に引き締められたサスチューンでロールなどの挙動の収まりが向上。基本的には乗り心地を優先した味付けだが、高速や山岳路での安定性と運転しやすさが向上している。力感はほどほどだが、軽快なパワーフィールの1.5L/CVTとの相性もよく、走り全体の柔軟性が高まり、従来車以上にダウンサイジング志向のユーザーに適したモデルとなった。

08TIDA-1

『月刊自家用車』 2008年4月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す