NEWモデル試乗 [LEXUS] GS

NEWモデル試乗 [LEXUS] GS

パワーアップを果たしたが、フィーリングはあくまでも穏やかで洗練された!
シリーズ全体でフットワークや操縦感覚で穏やかさと洗練感が増し、大人になった!

国内でのレクサスブランドの皮切りになったのがGSoアリストの実質的な後継車であり、頂点クラスながらスポーティ志向が強いのが特徴だった。そのGSに初のMCが施された。従来車からの最も大きな変更はトップモデルに搭載されていたV8を4.3LからLSと同じ4.6Lに変更。合わせてミッションも8速ATに変更されたこと。

GSのキャラからすると搭載エンジンのパワーアップはスポーティ性能の向上と考えがちだが、実際は違っている。最高出力は師砺も向上しているが、パワーフィールは以前よりもずっと穏やかである。8速ATが回転を抑えながらトルクに乗せる変速制御を行っているせいもあるが、滅多なことでは高回転を利用することはない。ほどほどに飛ばしているくらいなら2000〜4000回転程度で済ませてしまう。さらに興味深いのはフットワークや操舵感覚でも穏やかさと洗練感を増したことだ。以前は操舵初期回頭性や硬さで踏ん張るようなハンドリングだったが、新型ではストロークを使いながら滑らかに繋いでいく。乗り心地でも突っ張るような硬さは影を潜めた。硬さの変化では少しだが、しなやかさを増したことで快適性や乗り味の質感が高まった。また、外観ではフロントグリル、バンパー、ドアミラーなどを、内装ではセミアニリン本革シートの設定も細部の質感の磨き込みが施されているが、これも以前と比較すると端正な味わいを高めたもので、走りの変化同様に大人の洗練が感じられる。ちなみにフットワークや内外装の変化は4.6L車だけでなく全モデルに共通。コンフォート優先とは言い難いが、LSのスポーティ仕様と思えるほどのバランス。以前はスポーツキャラが先走った印象だったが、新型なら「LSではちょっと落ち着きすぎ」と考えている人にも勧められる。

08GS-108GS-2

『月刊自家用車』 2008年1月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す