NEWモデル試乗 [MITSUBISHI] ランサーエボリューションファイナルエディション

NEWモデル試乗 [MITSUBISHI] ランサーエボリューションファイナルエディション

遂に長き歴史を誇ったランエボが生産終了する。その最終バージョンの限定車が登場。1000台限定で、取材時で残り1桁台という。本誌発売時点で完売だろう。

ランエボ史上最高のパワースペック

現行のランサーエボリューションX(通称エボX)が登場したのは2007年。同シリーズ第四世代として華々しデビューを飾った。しかし現在まで約8年間、それまで年々進化を果たす事を身上としていたランエボだがエボXはほぼ足踏みしたまま。そして残念ながら最終進化版として「ファイナルエディション」がリリースされ富士スピードウェイ・ショートコースで試乗テストが行なわれた。

ファイナルエディションのトピックはナトリウム封入バルブをエンジンの排気バルブに採用し最高出力を313PSにまで引き上げ、最大トルクも43.7kg・mまで高めたことだ。ランエボ史上最高のパワースペックを与えられたことになる。

サスペンションには従来パッケージオプションであったビルシュタイン社製ショックアブソーバーにアイバッハ社製スプリングを組み合わせた「黄金セット」が標準で奢られS‐AWCの走りを支える。トランスミッションはマニュアルの5速のみの設定だが、このトランスミッションは1~3速にトリプルコーンシンクロを採用するなどレース使用を前提として開発された。

エボXの走りではS‐AWCの電子制御を理解して使いこなすことが重要だ。うまく操れば最高の速さを発揮できるが、その高度なドライビングスキルを引き出せる機会はもう限られている。

 

P00044-24-2057-3054-0-106289864

 

『月刊自家用車』 2015年9月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す