NEWモデル試乗 [SUBARU] WRX S4

NEWモデル試乗 [SUBARU] WRX S4

トップスポーツモデルたる「WRX STI」の同型車種でありながら、搭載エンジン機種まで違うS4。改良版で見えた、S4の役割とは?

サスペンションを含め限界性能はSTI並みに

インプレッサセダンの上級発展モデルとして欧米を中心とした国際市場向けに開発されたモデルがWRXであり、レヴォーグとは姉妹車の関係にある。WRXの車名はインプレッサのハードスポーツバリエーションに由来している。つまり、基本コンセプトからスポーツセダン純血種の系統であり、国内仕様は2Lターボ車のみで構成している。

ただし、STIとS4ではエンジン型式が異なる。STIはショートストロークの高性能型エンジンの典型であるがS4はスクエアのボア×ストローク比の新世代直噴ターボとして開発されている。燃費と実用動力性能とのバランスを取ったダウンサイジングターボの側面もある。高回転のパワーや伸びはスポーツドライビングにも有り余るほどだが、瞬発力や回した時の迫力はSTIに及ばない。穏やかに速いタイプであり、マニアックなスポーツ性能を持ちながら一般用途にも対応できるというのが妙味。

試乗したモデルはSTIと同サイズの245/40R18をOP装着した2.0GT‐Sアイサイト。新設定の電動サンルーフまで装着し、スポーツギアも快適装備も揃った豪華仕立て。曰く、これがS4のコンセプトを最もよく表した試乗車とのこと。

走らせてその意味が理解できた。低回転もむずかることなく扱えるのはダウンサイジングターボ的だが、踏み込んで回せば太いトルクを高回転まで持続。回して楽しいエンジンでもある。しかもレブリミット近くまで威圧感の少ないエンジンフィール。太いタイヤで力任せのコーナリングばかりかと思えば、ふつうにコーナリングしている時の挙動やラインコントロール性もいい。短いサスストロークをしなやかに使う。高いコーナリング限界相応の硬さはあるが、荒っぽい振動は意外と少ない。快適とは言い難いがスポーツ性のためのストイックな覚悟は必要ない。なお、S4限定でインプレッサスポーツHV同様に遮音吸音材の追加など静粛性改善も図られている。

違った言い方をするならSTIの性能や雰囲気を継承しながらプレミアムスポーツとして進化させたのがS4なのだ。性能面ではネガな要素にしかならない電動サンルーフもプレミアムにはアリだし、クルマに興味のない知人と一緒にドライブするにも何とか許容範囲に収まる快適性もある。ちなみにJC08燃費はSTIの約25%増だ。つまり日常生活に使える高性能スポーツセダンなのである。

 

15040
P00041-24-2059-3050-0-108048654

 

『月刊自家用車』 2015年9月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す