【RENAULT カングー】生活を“プレミアム”にするフランス発のマルチカー

【RENAULT カングー】生活を“プレミアム”にするフランス発のマルチカー

SUV? ミニバン? 生活を“プレミアム”にするフランス発のマルチカー

シンプルがプレミアムカングーで豊かな日々を

スペシャリストだけが発するフェロモンというか、「働く自動車」には独特な魅力がある。代を経るとともに乗用志向を強めてきたものの、最新のカングーにはこのフェロモンが強く匂う。ストッパーを解除すれば車体側面まで回り込む観音開きのリヤゲート(①)や2段積み可能なトノボード(②)。積み込みやすい荷室形状にもそそられる。お仕着せで便利というよりもこの荷室を使って何かを始めたくなる…要するに遊び心を刺激するのだ。

しかも、効率優先の殺伐とした印象は皆無。くどくど述べるまでもなく内外装を見れば一目瞭然だが、見晴らしのいい大きなウインドウと低いベルトライン(③)、前後左右どこから見ても愛嬌のあるスタイル(④)等々、「オキニ」要素もたっぷりである。

新たにラインナップに加わったZEN・EDCは従来6速MTに限定されていた1・2ℓ3気筒ターボに6速 EDC(DCT)を組み合わせて2ペダル仕様としたモデル。低回転から力強いターボとEDCのコンビは小気味よい変速感と余力感を高める。登り坂や加減速激しい時にエンジン回転を高めに維持するなど状況に応じた変速設定も巧み。EDCが苦手とされる極低速域の扱いもスムーズ。フットワークはゆったりとしたストローク制御で路面のうねり等でも落ち着きのある操縦性。細かな揺れ返しも少なく穏やかな乗り味である。もっとも、スポーティとか高級車的ではなく、快適性全般からすれば車格相応。肌触りのいい普段着といった走りである。

約260万円で快適装備も安全&運転支援装備もシンプル。買い得の太鼓判を押せばえこひいきと思われても仕方ないが、その気持ちを分かる人には「太鼓判」。真の意味で〝プレミアム〞な毎日が送れそうだ。

 

 

 

 

 

今の愛車を もっと高く売却 する方法 >>

『月刊自家用車』2016年10月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す