【TOYOTA RAV4】スペック・装備まるわかり

TOYOTA RAV4
●価格帯:221万1429~242万7429円
●現行型発表(最新改良):’05年11月( ’12年12月)

1 衝突被害軽減ブレーキ ×
2 誤発進抑制 前/後 ×/×
3 レーンキープアシスト ×
4 追従型クルーズコントロール ×
5 ヘッドランプ LED/HID ×/○
6 チルト/テレスコピックステアリング ○/○
7 スマートキー
8 3列目シート ×
9 パワーハッチゲート ×
10 パワーシート 運転席/助手席 ×/×

※○は全車で選べる △は選べないグレードがある ×は採用されていない。
※1、衝突被害軽減ブレーキの「ミ」はミリ波、「カ」はカメラ、「赤」は赤外線方式

アクティブに乗れ、意外に街中の取り回しも良い

かつてのクロスオーバーSUVブームの火付け役とも言われるRAV4。現行型は登場から10年が経過し、新鮮味がないものの、手頃なサイズ感は今でも魅力。撥水加工付きのラゲッジボードやユーティリティネットのほか、後席格納レバーなど、ファミリーが日常で使うクルマとしての使い勝手も高い。グレードは整理され、現在は背面タイヤのないモデルのみの構成となっている。

パワーユニット JC08モード燃費 エコカー減税
2. 4ℓ(直4) 11.8~12.2㎞/ℓ なし

●全長×全幅×全高(㎜):4335×1815~1855×1685 車重(㎏):1460~1520
※エコカー減税の①は取得税が100%、重量税が100%、②は取得税が80%、重量税が75%、③は取得税が60%、重量税が50%、④は取得税が40%、重量税が25%、⑤は取得税が20%、重量税が25%減税となる。

一覧に戻る>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

<<直販で買える中古車はこちら>>

『月刊自家用車』2015年12月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す