【ハスラー(スズキ)】リセール時のバリューが高い装備・オプション

【ハスラー(スズキ)】リセール時のバリューが高い装備・オプション

いま乗っている車を下取りや買取りで売るなら、できるだけ高い価格で売りたいもの。

何件も買取店をまわったり、信頼できる個人売買で高く売る方法もありますが、3年~5年程度で乗換えているなら、新車を購入するときから売却することも考えて、値下がりしにくい車を選んでおくのもよいのではないでしょうか。

下取りや買取りで売却・リセールするときのバリュー(価値・価格)は、新車で購入してから3年3万km程度で売却するときの価格で表すことが多く、リセール時のバリュー(価値・価格)が10%違えば、3年後に売却するときには数十万円の差になることもあります。車種やグレード(装備・オプション)だけでなく、車体の色、利用状況、中古車市場での人気・ニーズなどによってもリセール時のバリューは上下します。

また、リセール時のバリューといっても目安となる金額しか分かりません。売却時により高値を狙うなら、下取りや買取りではなく信頼できる個人売買サービスを使うのもひとつの方法です。

ハスラーのリセール時のバリューを高くする装備・オプション

車種によってリセール時の価値(バリュー)がちがいますが、さらに高く売却することを目指すなら選んでおくとよい装備やオプションがあります。買取りの場合、後からオプションで追加するよりも欲しい装備が付いているグレードを選んでおいたほうが高値になるようです。

ハスラー

リセール予想
B+

かなり強さを発揮してくれるはず。

ボディカラー パール系
ホワイト系
ブラック系
装備・オプション メーカーナビ
サンルーフ
HIDヘッドライト

 

リセール予想 について
次に買い替える時の下取り査定額。2~3年後の評価をA~Eの5段階で評価。さらに+と-を付けて微妙な違いを表している。
Aすこぶる割高な下取りが期待できる。
Bかなり強さを発揮してくれるはず。
Cごく普通。可もなく、不可もなし。
Dうーん、ちょっと厳しいという感じ。
E正直なところ、乗りつぶすつもりで。
※情報提供:『月刊自家用車』

値下がりしにくい車を選んで、さらに個人売買で高値売却を狙おう

リセール時のバリュー(価値・価格)が高い新車選びに並行して、いまの車をより高く売却すればトータルコストをさらに抑えることができます。

いくらリセール時のバリューが高くて値下がりしにくいといっても、下取りや買取りで売却すれば複雑な流通段階でかかるコストの分、売却したときの手取りが減ってしまうのは当然のこと。より高値での売却を狙うなら、信頼できる個人売買サービスで、あなたの車を欲しがっている人に直接売却してはいかがでしょう。カーコン・マーケットなら売主は出品料、売却手数料が「完全0円」で高値売却を狙うことができます

 
 

リセール時のバリューが高い装備・オプション>>

(カーコン・マーケット編集部)

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す