ディーラーで下取り価格を高くする3つのコツ

新車を購入するときに、ほとんどの人はディーラーで下取りしてもらっています。そのときに下取り金額をできるだけ上乗せしてもらうにはどうしたらよいのでしょうか?

ほとんどの人は“ディーラー”に売却している

「車 買取り」など検索すれば大手買取チェーンから地場の買取店までさまざまな買取店があるのが分かります。一般的に下取りよりは買取りのほうが高値がつくことが多いので、ほとんどの人が買取店に売却しているのではないかと思ってしまいます。ところが実は、ディーラーで下取りしてもらう人のほうが圧倒的に多いのが現状です。

矢野経済研究所の「中古車流通総覧」という調査資料によると、新車や中古車を含めて車を購入した人のうち10人中8人はディーラーに下取りしてもらっていることが分かります。なんと買取店を利用しているのは2割にもならないのです。

下取り価格を高くするコツは?

買取店に査定を頼んでしつこく営業されるのは避けたいけれど、うまく下取り価格を上乗せしてもらうにはどうすればよいのでしょうか? それにはちょっとしたコツがあるのです。

下取り金額を上乗せする3つのコツは…

(1) 新車を購入する話だけをする
(2) 複数のディーラーを回って話を聞く
(3) 新車の値引き額が限界になってから下取りの話を持ちかける

たった、これだけです!

(1) 新車を購入する話だけをする

ディーラーでは、購入を検討している新車の話だけをするようにします。下取り車があることは話してはいけません。最初から下取りの話をしてしまうと、下取り額を意図的に低くしてされてしまって、その分新車からの多く値引いたように見せかけることもできてしまいます。

今乗っている車はほかのところで売ろうと考えているなど、まず最初は「下取りはない」ことで値引き交渉を進めましょう。

(2) 複数のディーラーを回って話を聞く

新車を購入するときにはたいてい欲しい車の候補が数台あることでしょう。ディーラーに行ったときに、いきなり営業トークをはじめるのではなく、まずはこちらの希望や使い方、予算などをしっかり聞いてくれて、そのうえで提案してくれる営業マンが頼りになります。欲しい車を「本命」「対抗」「おさえ」に区分して、複数のディーラーを回りましょう。

もし、欲しい車種が1台に絞り込まれているなら、同じメーカーでも経営の異なるディーラーを回って競わせることも大事です。

(3)新車の値引き額が限界になってから下取りの話を持ちかける

各社の見積もりを比較してめぼしをつけたら、値引き額が限界のところまで交渉します。そこで初めて、実は下取り車があって、それがいくらになるか?を話しはじめましょう。

そうすれば、あとで新車の見せかけの値引き額にがっかりしたり、下取り車をそれほど安く引き渡さずにすむことでしょう。

交渉しても、それほど下取り金額は高くはならない

多くの場合、下取りされた車はディーラーが業者向けオークションに出品します。そこでセリにかけられ、競り落とした中古車販売店の店頭で売り出されっます。

下のようにディーラー(下取り)⇒業者向けオークション⇒中古車販売店のように流通していきます。

ryutsu_past

中古車販売店で売られている価格は下取り額にどれくらい上乗せされていると思いますか? だいたい40万円~80万円くらい高くなってしまうことが多いようです。中古車の流通をスムーズにするためにさまざまな事業者がかかわっていろいろな役割を果たしていますので、その分の費用が上乗せされてしまうのは当然のことです。

下取り額より、もっと高値で売る方法

40~80万円にもなってしまう一般的な中古車の流通にかかる費用を減らして、もっと高く売る方法があります。

それは次のオーナーと「直接取引」することです。

CCM

中間コストが必要ない分、下取り価格よりもずっと高く売れるとしたらどうでしょう? 新車の納車まで1~2ヶ月かかることもあります。その間に直取引にチャレンジしてみませんか?

下取りよりもずっと高く売る方法はこちら>>

カーコン・マーケットなら売主は手数料完全0円、売却代金回収も安心

カーコン・マーケットでは1時間程度かけてしっかりと車を査定させていただき、次の買い手にどのようにアピールしたらよいのか、どれくらいの価格にすると売り手にとっても買い手にとってもおトクな価格になるのかなど安心してご相談いただけます。無理に売却を促すしつこい電話もありません。手放したい時期にあわせてできるだけ高値で売れるようにさまざまサポートするサービスです。

まずは簡単に売却相場を調べてみるところからはじめてみませんか?

baikyakusouba

(カーコン・マーケット編集部)

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す