ディーラー系中古車店の買取り・下取りだったら高く売れる?

ディーラー系中古車店の買取り・下取りだったら高く売れる?

メーカーが自社のディーラで高価買取りをうたっていますが、買取店よりも高額で売却できるのでしょうか?

結論から言うと、「高額で売却できる場合”も”ある」です。

ディーラーで買取りや下取りをする場合に、アピールしているのは大体こんな感じの内容です。
「系列の中古車店に直接販売すれば、買取店や業販オークションなど中間の利益や経費がかからないので、より高額な買取り価格を提示できます。またメーカーが運営する中古車販売サイトに中古車情報を掲載することで広告にかかるコストも減らすことができるので、さらに高価な買取りが実現できます。」

 

ディーラーで買取り、下取りをすればどんな車でも高く査定して、高くもらえそうにみえますが、本当でしょうか?

実のところ、ディーラーで買取り・下取りした車のうち、状態のよい3~4割くらいは系列の中古車店で販売しますが、残りの6~7割は買取店と同じように業販オークションに出品してセリにかけて処分しています。

つまり3台の下取り車両のうち2台は中古車販売店であっても販売せず、買取店とまったくおなじように業販オークションでセリにかけて処分しているのです。ですので、買取店と同じように安く査定、下取りをしてオークションで売却する流れは同じなので、買取価格も買取店を必ず上回ることは期待できませんね。

ディーラーが本気で買取りたいと思う特に状態のよい車は、買取店でも確実に販売が見込めるよい車ですから同じように自社で販売したいと考えます。したがって、買取店であっても同じように買取価格としては高い金額が提示されることがあります。

まとめると、メーカーが自社のディーラで高価買取りをうたっていますが、必ず高く査定してくれて高く売れるわけではなく、よい車であれば「高額で売却できる場合もある」という程度です。また、買取店が自社で販売したい車なら同じように買取価格としては高額になるので、似たような査定金額が提示されることでしょう。

メーカー系列の販売店も買取店も、販売スタッフの人件費や店舗、広告宣伝などのコストをまかないながら、下取りにしろ、買取りにしろ、ディーラーの買取りであっても、基本的な構造は同じなのでそれほど大きな金額差は期待できません。

ディーラーの下取りよりも高く売る方法はこちら>>

 

それでは、もっと高く売却する方法は他にないのでしょうか?

下取りや買取りよりも高く売却を希望するならば、「次のオーナーになる買い手と直接取り引きをすればよい」のです。カーコン・マーケットのような個人同士のマッチングサービスに出品してみるのがおすすめです。

CCMのしくみ

 直取引でもっと高く売る方法はこちら>>

個人同士の直接取り引きは高く売れるが、早めに始めるのが成功のコツ!

ただし、買い手との直接取り引きと言っても、すぐに買い手が見つかるとは限りませんので、1ヶ月程度の期間を考えておいたほうがよいです。時間はかかりますが、買取店やディーラーで査定してもらって、買取り価格、下取り価格がいまひとつだなと思ったら、試してみましょう。

お金のやり取りや車の状態の確認がすべて自己責任になるこれまでのネットオークションのような個人売買と違って、カーコン・マーケットが間に入って仲介してくれるので安心して取り引きできます。

「個人同士の直接取り引きは早めに始めるのが成功のコツ!」

まずは売却相場を調べてみるところからはじめてみませんか?

baikyakusouba

(カーコン・マーケット編集部)

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す