車を売りたい。損せずに。

愛車をできるだけ高く売りたい!
損はしたくない!

分かります。その気持ち。
でも、売ろうとするからには、相手が必要ですよね。

高く買ってくれる相手を見つけられれば、損をしなくていい!ということです。
では、どんな人たちが車を買ってくれるのでしょうか?

車を買ってくれる人たちを整理してみましょう。

車の売り先にはどのようなものがある?

車を買ってくれる相手を分類すると下記のようになります。

1. 買った車を転売する人 → 中古車販売店、中古車買取店

中古車販売店や買取専門店は、中古車相場を知り尽くしています。
車両状態、グレード、オプションの有無、ボディカラー、年式、走行距離等々、中古車市場の流通価格と照らし合わせます。

単純に流通価格を基準にして買取金額を算出するだけなら、どこのお店でも似たような査定が出そうですが、各お店によって買取価格が大きく異なることがあります。
これは、各お店の売り先が違うからです。

例えば、中古車販売店は、自分の得意とする車種を高く買ってくれることがあります。
買取から販売まで一手におこなっている業者は、売りやすいメーカー、車種を多く仕入れたいからです。

一方、中古車買取店の卸先は、主に中古車オークションです。
中古車オークションは季節によって買取価格が変動したり、特定の車種が突然集中して売れたりします。
そのため、独自の基準で査定することがあるのです。

2. 車を引き取って新しい車を売る人 → ディーラー

ディーラーにとって、車を買うことは主目的ではありません。
新しい車を売るための下取りです。
ですから、新車販売キャンペーン中だったりすると、査定額が上乗せされることがあります。
また、新型車も発売直後は大幅な値引きができないため、査定額を上乗せしてお得感を演出したりします。
その他、特定のライバル車種を高く買取って、自社のシェアを拡大を促進するなど、様々な思惑が絡んでくるようです。

乗り換えの際に、購入と売却を別々に行うのが手間に感じる方、値引きのされにくい(されない)車を購入される方にお勧めです。

3. 買った車に乗りたい人 → 一般消費者

ズバリ、あなたの車に乗りたい人です。
個人間で車の譲渡を行うことで、中間コストをカットすることができるのでどこよりも高く売れる可能性があります。
ただし、個人同士での取引には、手間や不安がつきもの。
そもそも、買いたい人に出会うこと自体一苦労です。
取引をサポートしてくれるサービスを利用すると、安心して車を手放すことができますね。

で、結局どこに売ればいいの?

一口に車を買ってくれる相手と言っても、それぞれ立場が全く違いますね。
立場が違うと買い方が変わります。

見積提示額が異なるのは基準(思惑)が違うから。

購入と売却を別々に行うのが手間なら、次の車を購入するお店で下取がラク!
高値売却を目指すなら、買取の相見積もり!
最高値売却を目指すなら、個人間売買サポートサービスに登録!

個人間売買サポートサービスといえば、やっぱり使い勝手がいいのは『カーコン・マーケット』。
掲載価格の変更や公開非公開が自由なので初心者でも気軽にチャレンジできますね。

まずは早めに登録して様子を見ながら、下取や買取の見積もりを取ってみるのも賢い方法ですね。

★ 最高値での売却にチャレンジするなら、まず登録!
出品はこちら>>

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す