【メルセデスベンツ B180スポーツ】私、クルマの個人売買に 挑戦中です!

【メルセデスベンツ B180スポーツ】私、クルマの個人売買に 挑戦中です!

売る人と買う人が直接クルマを取引する個人売買。クルマの取引が多様化したこともあり、最近は“愛車を高く売る”ひとつの手段として、注目する人が増えてきている。今回はその個人売買を強力にバックアップしている「カーコン・マーケット」のサービスを利用している人に、利用した感想などをじっくりと聞いてみたい。

子供が生まれるため想定より早く、買い換えを決意
何とか、高く売れて欲しいです

買い取りの金額には不満があったので今回は個人売買に挑戦
この春に子供が生まれることになり、誕生に合わせて売却を決意したいというベンツBクラスのオーナー氏。実は長く乗るつもりで丁寧に乗っていただけに、クルマの状態はまさに極上。走行距離もかなり少ないので、高値で売却を狙いたいと思っている。

だがこれまでの買い替えの経験から、自分が思っているほど高くクルマが売れない、ことも知っている。でも、できるだけ高く売りたいというのが偽らざる想い。そんな悶々とした時に見つけたのが、カーコン・マーケットを利用する個人売買というやり方だ。

ccm_img02_201703「新聞に掲載されていたカーコン・マーケットの記事を見て興味を持ったことが、利用してみようと思ったキッカケですね。買い替えを考えている春先まで時間があるので、次のクルマの具体的な商談は始めていないのですが、個人売買ならば自分で値段を決めることができる。あと、自分のタイミングでクルマの売却時期を決められるということに、普通の買い取りにはない魅力を感じました」

さっそくカーコン・マーケットのHPから問い合わせをしてみるとすぐに担当者から連絡が来て、自宅での出張査定が決定。実は個人売買というだけに手続きは面倒なのかな? と思っていたそうだが、これまで受けたことがある買い取りと同じ。スムーズに査定を受けることができたそうだ。

ナマの相場情報は自分のクルマの価値を知るために重要
「今までの経験でいえば、買い取りの場合だと初めに提示される金額が曖昧で、あれこれ理由を言われて金額が下がったこともあったのですが、カーコン・マーケットの場合だと査定スタッフの方が『個人売買が前提のため、クルマの正しい価値を把握することが必要です』と、自分のクルマと同条件の個体がどのくらいで売れている、まで教えてもらえる。このナマの相場情報は、自分のクルマの正しい価値がわかるので、とてもありがたかったです」

ccm_img03_201703ちなみに査定後は、査定スタッフが教えてくれた最新相場情報を元に、ネット上に設けられる自分専用のマイページから売り出し金額を入力することになる。オーナー氏は乗り換えはまだ先ということもあり、中古車相場より少し安めに出すことに決定。しばらく様子を見ていこうと考えたそうだ。

「掲載期間の上限は60日なので、購入希望者をじっくりと待てることも便利です。うまく売れてくれたら……、ですね」

メリットその1
新車の商談ペースに合わせてクルマの売却を進めることができる

自分で売却時期を決められることも、カーコン・マーケットの魅力のひとつ。イラストで紹介するように、新車の商談に合わせて、売却計画を進めることが可能。買い取りなどでは、“すぐにクルマを引き渡すことが条件”と言われることも多いのだが、カーコン・マーケットの個人売買ならば、自分で売却のタイミングを決めることができる。商談の主導権が自分でコントロールできることも、見逃せないメリットであるのだ。

ccm_img04_201703

メリットその2
査定時には、買い取り金額も提示可能個人売買と買い取りという両面作戦も試せる

カーコン・マーケットでは、システムへの登録を行う時に査定を行うのだが、その時に希望があれば買い取りの金額を提示することも可能。例えばこの2014年式BMWミニ クーパーSのケースでは、カーコン・マーケットは最新の中古車相場に基づいて買い取り金額を205万円として提示。オーナーはその買い取り金額を考慮しながら売却金額を設定して、個人売買にチャレンジしたあと、カーコン・マーケットに売却となったそうだ。

ccm_img05_201703

オーナー氏曰く「BMWミニは人気モデルゆえに中古車相場がはっきりしており、購入希望者も金額にシビア。他で回った買い取り店よりも高値だったこともあり、買い取りを選びました」とのことだ。

カーコン・マーケットの問い合わせは、スマートフォンからでもOK

カーコン・マーケットに登録できるクルマは、新車登録から7年以内、走行7万km以内、修復歴無しという車両。人気車はもちろんのこと、不人気車であっても買い取り店以上の金額で売却できる可能性がある。興味があるならば、まずはホームページをアクセスして見て欲しい。

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す