[新車購入値引き成功の実例] TOYOTA パッソ X LパッケージS(2016年8月)

車両本体価格  1317600 円
トータル値引き 16.2万円(8%税込み) 値引率 10.9%

パッソとヴィッツが同じ16万円引き……だったらフルチェン直後の新型に決まり!

交渉STORY
私の住んでいる地域ではクルマは必需品。〝一家に一台〞どころか、複数所有も珍しくありません。我が家では、今年、めでたく就職した子供が「クルマが欲しい!」とのことで、これまでセカンドカーとして使用してきたヴィッツを譲ることにしました。そこで、新たに新車を購入する必要が生まれたわけです。

狙いはコンパクトカー。まずはフィットの見積もりを出してもらいました。ところが、新人セールスさんは「頑張ります!」と威勢がいいだけで、肝心の値引き条件をいっこうに出してこない。すっかり嫌気がさして、退散。

一方、パッソはフルモデルチェンジ直後にもかかわらず、黙って10万円引きを提示してきました。

日をあらためて家族でディーラーへ。ヴィッツは値引き16万円でストップ。パッソに試乗したところ「これ、いいね!」と好印象。支払い条件のほうも頑張ってくれて車両本体とメーカーオプション1万800円/付属品16万2540円から合計16万1831円引きに。値引き率が10%を超えたことを確認して契約しました。

松本隆一の値引き採点  \ EXCELLENT ! /
発売直後のパッソからこれだけ取れたら文句なしの特上です。フィットやヴィッツとの競合を伝えたのが有効でした。ブーンをぶつけていくと、また違った展開になったかもしれません。

ひとことコメント
●佐賀県 ●52歳 ●会社員 ●本命はヴィッツでしたが軽い気持ちでパッソを試乗。驚きの値引きを出してくれたセールスマンと試乗で大満足の妻に負けて契約しました。

新車購入 値引き「生」情報へ戻る>>

『月刊自家用車』 2016年8月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す