[新車購入値引き成功の実例] TOYOTA エスクァイア ハイブリッドGi Black-Tailored(7人)(2016年7月)

車両本体価格  3295963
トータル値引き 34.1万円(8%税込み) 値引率 9.2%

地元がダメなら福岡へ行け! 強気の新型から実質40万円超!

交渉STORY

12年落ちのカローラフィールダー(エアロ仕様/MT)から買い替えを検討。本命はヴォクシー三兄弟のハイブリッド。地元のトヨタと商談したが、マイチェン直後とあってどこもガードが堅く、思ったような条件が引き出せない。

そこで、試しに福岡県のディーラーに出向いて、一番気に入っていたエスクァイアの見積もりを取ってみた。当初は地元と同様の20万円引き程度だったが、粘っていたら、奥から店長さんが登場。「年度末の決算キャンペーン中」とのことで、いきなり値引きを30万円までアップ。さらに他店では5〜10万円だった下取り車に20万円の査定額を付けてくれた。

契約を迫られたが、態度を保留。地元のトヨタに福岡の条件を伝えてみたが、どこも白旗をあげてしまった。福岡のトヨタに「県外で買うとメンテナンスが不便だ」と伝えると「うちで買ってもメンテナンスは地元に引き継げます」とのこと。これで不安が解消。最終的に車両本体から32万8083円引き、付属品39万5280円から1万3095円引き、下取り28万円で契約した。

松本隆一の値引き採点  \ ウルトラC!! /
福岡県は東京や愛知、大阪などに匹敵する激戦区で、隣県から越境して購入するユーザーも目立ちます。獲得した値引き条件は文句なしの特上クラス。下取り額28万円の半分は実質的な値引きです。

ひとことコメント
●長崎県 ●38歳 ●会社員 ●担当のセールスマンも好印象で、こちらの要望など親身に聞いてくださいました。良い条件で新車購入でき感謝しています。家族みんな満足しています。

 

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年7月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す