[新車購入値引き成功の実例] TOYOTA アルファード S Cパッケージ(7人)(2016年6月)

車両本体価格  4173709
トータル値引き 43.6万円(8%税込み) 値引率 8.4%

点検に行ったら買っちゃった! 44万円引き+高額査定!

交渉STORY
愛車アルファード(平成26年式)の点検後、担当セールスさんと雑談。

X「年度末の決算期だけど、新型アルファード、かなり値引きするの?」

セ「頑張れますよ!」

試しに見積もりを出してもらうと、いきなり40万円引きを出してきた。

購入意欲が高まり、その足で買い取り専門店数社をまわる。しかし、思ったより厳しい。最高値は330万円だった。

翌日、再びトヨタへ。下取りを査定してもらうも「300万円が限界」とのこと。ただし「その分、値引きを頑張ります!」とのこと。

下取り車は買い取り店に338万円で売却。そしてトヨタと最終交渉に臨みました。

その結果、車両本体とメーカーオプション85万5360円から33万6049円引き、付属品16万1032円から10万円引きの合計43 万6049円引きとなったので、契約しました。

松本隆一の値引き採点  \ EXCELLENT! /
アルファードからアルファードへの買い替えなので、ディーラー側もかなり奮発しています。ただし、ヴェルファイアとも商談して競合にもち込むと、もうひと押しできた可能性があります。

ひとことコメント
●兵庫県 ●41歳 ●会社員 ●細かな気配りができる担当さんで小細工なしで初回から良い条件の提示でした。あとは、お互い譲歩できるところを調整し契約しました。気持ち良く交渉できました。

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

アルファード/ヴェルファイア値引き最新情報

『月刊自家用車』 2016年6月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す