[新車購入値引き成功の実例] TOYOTA ノア Si( 7人)(2016年6月)

車両本体価格  2739273
トータル値引き 35.9万円(8%税込み) 値引率 11.5%

新人君“失敗は成功のもと” セールスの極意は誠意です

交渉STORY
購入から10年・13万㎞を超えたセレナは最近故障が続き、そろそろ限界。カミさんからOKが出たので交渉を開始。

シエンタやフリード、セレナ、ヴォクシー、ステップワゴンなどとも商談したけれど、最後に残ったのはノア。実は、セールスさんは新人で「見積もりに諸経費の計上を忘れる」という、失態を演じてくれた。他社のセールスさんから「支払い総額が安すぎる。間違いがあるはずだ」と指摘されて発覚。「こんな重大なミスをするお店とは付き合えない」と連絡する。

翌日、新人君が丁重に謝罪。「店長に『この金額で頭を下げてこい』と言われました」とのこと。カミさんが「新人君の誠意を買ってチャンスをあげたら」と言うので、交渉を再開。

最終的に車両本体から30万9343円引き、付属品38万6100円から5万円引き、下取り8万円で契約。

松本隆一の値引き採点  \ EXCELLENT! /
ここでは割愛させていただきましたが「X氏の大作戦」並みの奮戦レポートを送ってくれました。獲得した値引き条件は文句なしの特上。下取りの8万円や諸費用のカットも評価します。

ひとことコメント
●埼玉県 ●40歳 ●会社員 ●新人営業さんの一生懸命な対応に「この人から買ってあげたい」という気持ちになりました。『月刊自家用車』さんのおかげで、楽しい購入交渉ができました。

 

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

ヴォクシー/ノア値引き最新情報

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』 2016年6月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す