[新車購入値引き成功の実例] SUZUKI スイフト XL(5MT) (2016年6月)

車両本体価格  1492560
トータル値引き 24.5万円(8%税込み) 値引率 15.4%

5台買ってるのにこりゃないわ ひと言いったら19万円UP!

交渉STORY
家内のスイフト・XG(平成20年式・5MT)は走行距離9万㎞強。クラッチの修理に7万円ほどかかるとのこと。そこで、スイフト・XL(5MT)の見積もりを出してもらうと、総額は180万円弱。スイフトも高くなったものだと思いつつ「追金135万円が希望」と伝えて帰宅。

数日後、スズキの店長さんが来訪。「下取り車は5MT車なので高く取れない。査定は10万円、値引きは15万円で追金は155万円」とのこと。そこで「買い替えはやめる。ただし、上乗せしてくれるなら考える」と伝える。

実は、このスズキからはこれまでに5台を購入しているので、もう少しなんとかなるはずと考えていたら、2日後、再び来訪。最終的に車両本体から19万902円引き、付属品9万8658円から5万4000円引き、下取り20万円で、追金136万円になった。

松本隆一の値引き採点  \ ウルトラC!! /
こういうケースでは「だったら買い替えはやめる」というセリフが最大の武器となります。下取りの20万円は“ 半分は実質的な値引き”です。これを評価して「5 」としました。

ひとことコメント
●千葉県 ●51歳 ●会社員 ●対抗する5速マニュアル車がないので、こんなものかと思います。クルマ自体もディーラー店の対応も気に入っています。今度のクルマにもまた、長く乗れそうです。

 

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年6月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す