[新車購入値引き成功の実例] SUBARU スバルXV 2.0ⅰ‐L アイサイト(2016年6月)

車両本体価格  2646000
トータル値引き 21.5万円(8%税込み) 値引率 8.1%

XVからXVへの買い替え! むちゃを言わせてもらいます

交渉STORY
3年前に購入したXVの車検切れを前にレヴォーグへ買い替えを検討。値引き17万円/下取り162万円で支払い総額は122万円。90万円を要求すると、上司や中古車部門と相談の上「本日契約ならOK」に。目標達成だが、妻がサイズと乗降性を理由にダメ出し。セールスさんと二人がかりで説得するも……不調。

狙いをマイチェンによって乗り心地や静粛性、内装などが向上した新型XVに変更。こちらの希望は支払い総額70 万円。

しかし「75万円が限界」とのこと。作戦を変えて付属品の無料サービスや割引を狙う。その結果、車両本体から20万4141円引き、付属品1万1880円から1万799円引き+ステアリングリモコンの無料サービス、下取り額は186万2000円(買い取り店の最高額180万円)にアップした。さらに5万円のキャッシュバックも獲得。

松本隆一の値引き採点  \ EXCELLENT!  /
値引き額+キャッシュバック+高取りの合わせ技で評価は4としました。ただし、XVからXVへの乗り換えなので「70万円でなければ車検を通す」などと強気で迫ってもよかったかも。

ひとことコメント
●愛知県 ●47歳 ●公務員 ●「希望金額」と「買う気」を前面に出しての短期決戦でした。買い取り店の仮契約書が効果的で、値引き&下取りを頑張ってくれたセールス氏に感謝です。

 

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年6月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す