[新車購入値引き成功の実例] HONDA N-WGN Gスタイリッシュ パッケージ[4WD] (2016年6月)

車両本体価格  1442400
トータル値引き 33.4万円(8%税込み) 値引率 18.9%

ホンダが三つ巴の争い! 前代未聞の値引き率19%!

交渉STORY
ホンダA店でN ‒ WGNの見積もりを取ると「値引きは15万円で限界ですが、8年落ちのライフを30 万円で下取りします」とのこと。これをムーヴやデイズのセールスさんに伝えたが、「対抗できません」と白旗。

そこで、作戦を「ホンダ同士の争い」に転換。ホンダB店に出向いて、A店の条件を伝えると、値引きは同じ15万円ですが、下取りが35万円に。さらに、この条件をもってホンダC店へ。ここでは店長さんが登場。下取り額40万円を提示。

翌週、ホンダA店へ。

C店の条件を伝えると「それでは利益が出ません」で交渉終了。B店は「同じにしますが、これ以上は無理」とのこと。

ホンダC店と最終交渉。その結果、車両本体から19万8686円引き、付属品31万9788円から13万5000円引き、下取り45万円となったので契約しました。

松本隆一の値引き採点  \ ウルトラC!! /
N-WGNは大きく緩めているが、さすがにここまで取れた例はない。値引き合計はミニバン並みの33万3686円で、値引き率はウルトラCの目安15%を大きく超える18.9%です。

ひとことコメント
●北海道 ●33歳 ●会社員 ●購入まで1か月ほどの交渉期間でしたが、満足のいく内容でした。『月刊自家用車』で得た知識を十分に発揮でき感謝しております。頑張ってくれた店長さんにも感謝です。

 

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年6月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す