[新車購入値引き成功の実例]SUBARU BRZ GT(2017年3月)

強気のスバルに粘り勝ち!
店長の決裁で32万円引き!

車両本体価格 3315600
トータル値引き(8%税込み) 32.0万円
値引率 8.7%

交渉STORY 
今乗っているクルマを子供に譲り、念願のスポーツカーに乗ります! 86やロードスターも有力候補でしたが、BRZに追加発売されたGTに惚れてしまいました。

一次回答は値引き23万円。これでは予算オーバー。「なんとか、もうひと頑張り、お願いします」と頼み込むと、支払い総額を374万6000円まで下げてくれました。

X「それじゃあ、370万円ちょうどでお願いします」

セ「もし、OKが出たら決めてくれますか?」

X「そこまでやっていただけたら決めます!」

セ「では、店長に掛け合ってきます」

その結果、何とかOKをいただき、契約の運びとなりました。注文書には車両本体から14万578円引き、付属品35万8020円から17万8956円引きとなっていました。

松本隆一の値引き採点  \ EXCELLENT! /
BRZから合計32万円引きなら文句なしの特上です。ただし、86との競合にもち込めば、もうひと押しできたかも。値引き35万円超、もしくは値引き率10%超ならウルトラCでした。

ひとことコメント
●千葉県 ●48歳 ●会社員 ●12年ぶりのクルマ購入なので昔と商談の仕方も変わったなと思う半面、やはり営業マンと良い関係を築く事が大事だなというのは今も変わらないなと思いました。

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す