[新車購入値引き成功の実例]HONDA N-BOX G Lパッケージ(2017年3月)

紹介者は〝値引きの鬼〞
私も鬼になってみました

車両本体価格 1434800
トータル値引き(8%税込み) 21.8万円
値引率 13.0%

交渉STORY 
ホンダA店でN – BOXに試乗、大いに気に入った。そこで、自他ともに〝値引きの鬼〞と認める従兄(過去「私もX氏」に掲載)にホンダB店を紹介してもらう。すると、A店を上回る値引きを提示。支払い総額は160万円。

X「予算は150万円なんです。間を取って155万円になりませんか?」

店長さんに相談してくれたが、「そこまでは出せません」との返答。すると、ここで、タイミングよく、スズキから売り込みの電話が入る。

X「今日、決めるつもりです。ホンダさんが無理なら、これからスズキに行ってスペーシアを契約します」

すると、あわてて再度相談。156万円になったので契約。最終的に車両本体から9万9788円引き、付属品23万2038円から11万7720円引きとなっていた。

松本隆一の値引き採点  \ ウルトラC!! /
セールスマンには「紹介の客は無理を言わない。すぐに契約してくれる」という意識があります。しかし、このX氏は紹介に甘んじることなく、ズバリと迫ってウルトラCを獲得しています。

ひとことコメント
●大阪府 ●39歳 ●会社員 ●納得のいく値段で良い買い物ができて良かったです。従兄のアシストのおかげです。今回、ほとんどのセールスさんがこちらの希望を尊重してくれて良かったです。

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す