[新車購入値引き成功の実例]HONDA オデッセイ ハイブリッド アブソルート(8人)(2017年2月)

10年落ち・17万㎞に11万円!
実質的に40万円引きですね

車両本体価格 3823200
トータル値引き(8%税込み) 29.5万円
値引率 6.7%

交渉STORY 
愛車のオデッセイは10年目に入り、走行距離は17万㎞を突破。そこで、以前から狙っていたオデッセイハイブリッドに買い替えることに。

なじみのホンダA店で、担当さんに見積もりを出してもらうと、いきなり20万円引き。しかも、値が付きにくいと思っていた下取り車に11万3560円の査定を付けてくれた。支払い総額は432万7000円。

経営の違うホンダB店へ。オデッセイ同士の競合を伝えると、初めての商談にもかかわらず、支払い総額426万4000円を提示してきた。

再びホンダA店へ。担当さんはすかさず他店に行ったことを察知して、支払い総額を424万円に下げてきた。これで契約。最終的な値引き条件は車両本体と付属品58万8384円から29万5050円引きとなっていた。

松本隆一の値引き採点  \ EXCELLENT! /
付属品を60万円近く付けていることを考えると、29.5万円引きではややもの足りないと思います。ただし、下取り額は“ほとんどが実質的な値引き”なので評価は4としました。

ひとことコメント
●千葉県 ●59歳 ●公務員 ●担当さんとは長い付き合いで、今回も良い条件を出してくれました。その後は松本さんの教えを守って交渉し、良い買い物ができました。担当さんに感謝です。

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』 2017年2月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す