[新車購入値引き成功の実例] SUZUKI ジムニー ランドベンチャー4WD(2017年1月)

車両本体価格  1712880
トータル値引き 18.8万円(8%税込み) 値引率 10.0%

爽やか系が一転して熱血系に! 激闘3時間、ついに店長決裁!

交渉STORY
狙いは以前から気に入っていたジムニー。近所のスズキに出向いて「いい条件が出たら契約するつもりできました」と言うと、それまでの〝爽やか系〞だったセールスさんが一転して〝熱血系〞に変身。「いくらをご希望ですか?」と攻めてきた。実は、事前に隣町のスズキとも商談していたので、ズバリと「支払い総額190万円なら決めます」と切り返す。すると「上司と相談してきます」と言って奥へ。すぐに戻ってきて「そんな金額は出したことがありません」と難色。再び「OKなら今すぐに契約します」とやると、またまた奥へ。こんどはかなり待たされたが、笑顔で戻ってきて「店長決裁が下りました」。これにて3時間弱の交渉が終了。最終的に車両本体から14万2040円引き、付属品17万1234円から4万6018円引きだった。

松本隆一の値引き採点  \ EXCELLENT! /
ジムニーは他社に真っ向からぶつかるライバル車がないため、このX氏がやったように複数のスズキと商談するのが決め手となります。獲得した値引き条件は文句なしの特上クラスです。

ひとことコメント
●三重県 ●46歳 ●会社員 ●初めて行くディーラーでの交渉に不安もありましたが、担当者の対応が素晴らしくスムーズに契約できて満足です。この担当者の方で本当に良かったです。

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』 2017年1月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す