[新車購入値引き成功の実例]TOYOTA プリウス A プレミアム(2016年12月)

車両本体価格  3107455
トータル値引き 30.8万円(8%税込み) 値引率 8.3%

車検切れ+タイヤ交換! ズバリ〝買い替え時〞です

交渉STORY
プリウス(21年式)の車検を通すつもりでいたが、タイヤ交換の必要があると言われ、急遽、買い替えを決意。

新型プリウスに試乗したところ、大いに気に入ったため、商談を始める。担当セールスさんは「9月の中間決算が近いので思い切ってやります!」と言って値引き25万円/下取り70万円を提示してきた。

複数の買い取り専門店で下取り車の値段を聞いてみると、65〜75万円。ただし、納車を待って引き渡すと5万円くらい減額するとのこと。

再び商談。すると、車両本体から25万7794円引き、付属品30万7240円から5万円引きとなったので契約。担当セールスさんとは付き合いが長く、気心が知れているため、他店との競合はしなかったが、「通常の契約より値引きを10万円ほど上乗せしている」そうだ。

松本隆一の値引き採点  \ GREAT! /
車検切れとタイヤ交換が同時にきたら“買い替え時”です。獲得した値引き条件は合格ラインをしっかり超えていますが、他のトヨタとの競合にもち込んで、もうひと押ししたかった。

ひとことコメント
●神奈川県 ●45歳 ●アルバイト ●自己採点は80点。急な購入で準備不足でした。満足していますが9月決算月&車検直後なのでもう少し粘れたかも。あと3万上乗せで満点。

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』 2016年12月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す