最新SUBARU&MAZDA車 失敗しない購入術大公開

最新SUBARU&MAZDA車 失敗しない購入術大公開

「スバルとマツダのクルマって少し買いにくい……」とお嘆きのユーザー、必見

matsumoto_img23_shijo_20161物価高が続くニッポン経済。その影響は新車購入時にも感じてしまうほどだ。特にスバル&マツダは人気上昇中ということもあり、値引きも渋め。困っているユーザーも多いはずだろう。そこで登場を願うのは本誌お馴染みの“ 値引きの神様”「松本隆一」。スバル&マツダの攻略術を教えてもらいますぞ。

新型インプレッサ

ゴルフとの競合がかなり有効
このところ大幅な値引きを出しているVWゴルフの割安感を強調して攻めると効果的だ。国産車ではカローラフィールダーとオーリスが有効。アクセラスポーツにも反応する。

スバルXV

ヴェゼルやCX-3の三つ巴で攻めろ
売れ行き好調のヴェゼルやCX‒3を先行させて「どれにするか迷っている。支払い条件も重要な要素になる」などと攻めること。年末に発売されるC-HRをもち出すのも有効だ。

BRZ

ロードスターより86が効果的
ロードスターを競合させるのもいいが、秘訣は86との争いだ。トヨタ4系列と商談して86から好条件を引き出してスバルにぶつけること。隣県に越境できるならスバル同士を。

デミオ

アクアとの競合が効果的
ディーゼルにはアクアやフィットHVをぶつけていくこと。とくに値引きの緩んでいるアクアが効果的だ。ガソリン車にはブーン/パッソが有効。フィットやヴィッツ、ノートもオススメ。

アクセラ

決め手は新型インプレッサとの競合
決め手はインプレッサ。相手がスバルの新型とわかると値引きを上乗せして対抗してくる確率が高くなる。オーリスやフィールダー、VWゴルフも有効。セダンにはアクシオを。

アテンザ

レヴォーグ&ゴルフがライバル
レヴォーグやVWゴルフとの競合を伝えて「向こうはここまで安くなった。マツダにはこれを上回る条件を期待している」などと攻めること。セダンにはB4やカムリ、マークXを。

CX-3

トヨタの新型で揺さぶろう
「近々、トヨタからC-HRが発売される。これを見てからにしようかと思っているが、マツダが思い切った条件を出してくれるなら…」などとやると効果的。ヴェゼルも有効。

「他のメーカーも気になっています……( 笑)」これが攻略の重要キーワード

スバルとマツダはどちらも “独自のメカニズム”に自信を持っており、「安売りしません!」と強気な売り方をしてくる傾向がある。とくに、ユーザーが「おたくのクルマしか眼中にない!」といった表情をみせると、まんまと術中にはまってしまうので要注意だ。
商談の際は「私はスバル(マツダ)のクルマ作りに大きな魅力を感じているが、メカ音痴の嫁は『買うならトヨタか、ホンダがいい!』と言い張っている。しかも、向こうは思い切った値引きを出してきているので、このままだと嫁に押し切られてしまう。でも、頑張って安くしてくるなら、なんとか説得する」などとやると効果的だ。

また、「買い取り専門店に聞いたんだけど『スバル(マツダ)は中古車になると値段が下がる』そうだ。その点、トヨタは安定している」などとリセール価値の弱さをネタに揺さぶりをかけるのも有効。なお、隣県に越境できるならスバル同士、マツダ同士の競合にもち込むのもかなり効果的だ。

【インプレッサ/アクセラ/ゴルフ/オーリス】激戦Cセグメントの ベストバイはどれだ!

 

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』 2016年10月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す