【軽自動車】新車購入 値引き生情報(2016年9月)

【軽自動車】新車購入 値引き生情報(2016年9月)

今月はこう攻めろ!
ダントツの売れ行きをみせている新型プリウスだが、最近、値引きが緩んできた。夏の商戦では20 万円引きを大きく超える例も目立っている。そこで、これからこの価格帯の新車を購入しようという人は“プリウス効果”を上手に使うことをお勧めする。グレ イスやアクセラといった、真っ向からぶつかるライバル車はもちろんのこと、タイプの違うフィットHV やインプレッサ、CX-3、そしてVWゴルフやポロ、ベンツA クラスといった輸入車まで、競合しているのがプリウスとわかると「強敵だ!」と恐れて“値引きで勝負”に出てくる確率が高くなる。

NISSAN デイズ/MITSUBISHI eK

eKは10万円分のオプションプレゼントを実施中。デイズも同様のサービスが取れるだろう。これに車両本体値引きを加えて合計20万円引きなら合格。上級グレードならさらに上乗せがきくことも。日産VS三菱の争いにムーヴやワゴンR、N-WGNを。

●登場年月(最新改良):’13年6月(’15/10)/’13年6月(’15/10)
●取扱店:ニッサン全店/ミツビシ全店
●価格帯:108万~173万6640円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 E

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

NISSAN デイズルークス/MITSUBISHI eKスペース

車両本体値引き+オプションプレゼントの合計で20万円以上を狙いたい。上級グレードなら25万円超も期待できる。タントやN-BOXをぶつけていくこと。姉妹車同士の争いも。リセール価値が弱いので“できるだけ長く乗る”ことを前提にしたい。

●登場年月(最新改良):’14年2月(’15/12)/’14年2月(’15/12)
●取扱店:ニッサン全店/ミツビシ全店
●価格帯:125万9280~193万1040円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 D

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

HONDA N-WGN

ムーヴやワゴンRとの競合を伝えると反応する。交渉が煮詰まってきたら経営の異なるホンダ同士の争いを明らかにして決着をつけること。上級グレードに付属品をたっぷり付けたら値引きの合計を15万円以上にもっていきたい。とくに大都市部が緩い。

●登場年月(最新改良):’13年11月(’16/6)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:109万~164万5000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

HONDA N-BOX/N-BOX+

買い頃、たたき頃! 宿敵・タントとの競合を伝えると即座に“値引きで勝負”。ただし決め手は経営資本の異なるホンダ同士の競合だ。車両本体と付属品の値引き合計が20万円前後になったら合格。本誌には20万円を大きく超えた例も報告されている。

●登場年月(最新改良):’11年11月(’15/11)/’12年7月(’15/11)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:119万8000~187万円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 16 万円
平均値引き(装備付属品込み)18.2万円
リセール予想 B-

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

HONDA N-BOXスラッシュ

軽自動車とは思えないような値引きを出してくる。付属品からの値引きを含めて20万円オーバーを狙うこと。ライバルはウェイク。真っ向からぶつかることが多く、効果は大きい。タイプは違うがハスラーも有効だ。もちろんホンダ同士の争いも忘れないこと。

●登場年月(最新改良):’14年月12(’15/12)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:132万~187万4400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 16 万円
平均値引き(装備付属品込み)17.7万円
リセール予想 B-

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

HONDA N-ONE

これまた大盤振る舞い中。上級グレードに付属品をたっぷり付けると値引きの合計が20万円を超えることも多い。ラパンやミラココアとの競合を。プレミアムツアラーやモデューロXにはアルトワークスが有効だ。とどめは経営の異なるホンダ同士の争い。

●登場年月(最新改良):’12年11月(’15/7)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:118万5000~189万8000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 16 万円
平均値引き(装備付属品込み)17.1万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

HONDA バモス

エコカー減税の対象となっていないため割高感がある。そのせいか大幅な値引きを強調した売り込みをしてくることが多い。ホンダ同士の競合にアトレーやエブリイを絡めていくこと。車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えた例も報告されている。

●登場年月(最新改良):’99年6月(’15/3)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:130万5000~151万4400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 18 万円
平均値引き(装備付属品込み)18.7万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

HONDA S660

「安売りしたくない」という意識が強く、値引きの基本はゼロという店がほとんどだ。ただし付属品の無料サービスや割引には応じてくれる。今月の「私もX氏」では値引きの合計が14万円になった例を紹介しているが、ここまで取れたら超ウルトラC !

●登場年月(最新改良):’15年3月(一/一)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:198万~218万円
●納期:4ヶ月以上

車両本体目標 5 万円
平均値引き(装備付属品込み)5.6万円
リセール予想 A+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKI ワゴンR/MAZDA フレア

ブランドにこだわらないならフレアをお勧めする。車両本体と付属品の値引き合計が20万円を超えることも。ワゴンRは12 ~13万円引きでストップすることも。ムーヴやN-WGNを。姉妹車同士の争いも有効だが、スズキが引いてしまうこともある。

●登場年月(最新改良):’12年9月(’15/8)/’12年10月(’15/9)
●取扱店:スズキ全店/マツダ全店
●価格帯:107万8920~175万7160円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 14 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.2万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKI スペーシア/MAZDA フレアワゴン

スペーシアとフレアワゴンを競合させると、マツダ側が“値引きで勝負”に出てくる確率が高い。他社モデルではタントとN‒BOXが有効だ。スペーシアは付属品からの値引きを含めて17 ~ 18万円が取れたら合格。フレアワゴンなら20万円引き以上を。

●登場年月(最新改良):’13年2月(’15/8)/’13年3月(’15/8)
●取扱店:スズキ全店/マツダ全店
●価格帯:127万4400~192万4560円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)15.6万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKI ハスラー/MAZDA フレア クロスオーバー

キャストをぶつけていくと効果的。N-BOXスラッシュも有効だ。ハスラーVSフレアクロスオーバーの争いもいいが、マツダのほうが緩くなる傾向があらわれている。合格ラインは付属品からの値引きを含めて15万円。フレアは20万円引きオーバーを。

●登場年月(最新改良):’13年12月(’15/12)/’13年12月(’15/12)
●取扱店:スズキ全店/マツダ全店
●価格帯:107万8920~173万7720円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.5万円
リセール予想 B+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKI ジムニー

決め手はジムニー同士の競合。サブディーラーも含めたスズキの販売店をまめにまわって同士討ちにもち込む作戦だ。合格ラインは付属品からの値引きを含めて15万円。リセール価値がすこぶる高いので買い替えの際の査定額で大きな恩恵が受けられる。

●登場年月(最新改良):’98年10月(’14/8)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:129万6000~169万1280円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.0万円
リセール予想 A-

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKI アルト/MAZDA キャロル

廉価グレードは渋い。付属品からの値引きを含めて10万円が取れたら合格。中間グレードなら12 ~ 13万円引きを。ライバルはミライース。姉妹車同士の争いも。ターボRSはN-ONEツアラーやムーヴターボとの競合で値引きの合計を15万円以上に。

●登場年月(最新改良):’14年12月(’15/3)/’14年12月(一/一)
●取扱店:スズキ全店/マツダ全店
●価格帯:84万7800~140万5080円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)11.1万円
リセール予想 C-

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKI アルトワークス

150万円を超えるクルマだが思ったよりガードが固い。5万円程度で様子を窺ってくることも。ムーヴカスタムRSをぶつけていくのもいいが、決め手はサブディーラーも含めたスズキ同士の競合。合格ラインは付属品からの値引きを含めて15万円引き。

●登場年月(最新改良):’15年12月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:150万9840~161万7840円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.3万円
リセール予想 B

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKI アルトラパン

ライバルはミラココア。どちらのセールスマンも“強敵”として意識しているため競合させると大いに有効だ。1クラス上のブーン/パッソもいい。サブディーラーを含めたスズキ同士の争いも。上級グレードなら付属品からの値引きを含めて15万円を。

●登場年月(最新改良):’15年6月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:107万7840~149万2560円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)12.1万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

SUZUKIエブリイワゴン/NISSAN NV100クリッパーリオ/MAZDA スクラムワゴン/MITSUBISHI タウンボックス/

エコカー減税の適用となっていないため、値引きを大きくして割安感を出してくる傾向がある。付属品をたっぷり付けると値引きの合計が25万円を超えることも。エブリイを軸に“四つ巴”の争いをあおっていくこと。アトレーやバモスを絡めるのも有効。

●登場年月(最新改良):’15年2月(一/一)/’15年2月(一/一)/’15年3月(一/一)/’15年3月(一/一)
●取扱店:スズキ全店/ニッサン全店/マツダ全店/ミツビシ全店
●価格帯:142万5600~182万1960円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 17 万円
平均値引き(装備付属品込み)18.9万円
リセール予想 B-

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU ムーヴ/SUBARU ステラ

ワゴンRやN-WGNとの競合にもち込むこと。ムーヴVSステラの争いも有効だ。廉価グレードなら付属品からの値引きを含めて12 ~ 13万円が取れたら合格。上級グレードは15万円以上を。ターボ車など上級グレードなら17 ~ 18万円を狙いたい。

●登場年月(最新改良):’14年12月(’16/6)/’14年12月(’16/6)
●取扱店:ダイハツ店/スバル店
●価格帯:112万8000~174万9600円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)11.2万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU ムーヴコンテ/TOYOTA ピクシススペース

ピクシスは以前より緩んできたが、それでも付属品からの値引きを含めて12 ~ 13万円でストップとなるケースが目立つ。ムーヴコンテのほうが緩く、値引きの合計が15万円を超えることも。姉妹車同士の競合にワゴンRやN-WGNを絡めて攻めること。

●登場年月(最新改良):’08年8月(’15/4)/’11年9月(’13/7)
●取扱店:ダイハツ店/カローラ店、ネッツ店ほか
●価格帯:115万7143~166万2172円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)14.2万円
リセール予想 C

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU キャスト

ハスラー/フレアクロスオーバーとの競合を伝えると値引き条件を上乗せして対抗してくるだろう。付属品からの値引きを含めて12 ~ 13万円が取れたら合格だ。今月の「私もX氏」では値引きの合計が14万円になった例を紹介。ここまで取れたら特上。

●登場年月(最新改良):’15年9月(’16/6)
●取扱店:ダイハツ店
●価格帯:122万400~171万1800円
●納期:2~4ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)10.8万円
リセール予想 B

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU タント

N-BOXと真っ向からぶつかる。どちらのセールスマンもライバル車として強く意識しているので、競合させると効果は大きい。隣県に越境できるならダイハツ同士の争いをあおれ。車両本体と付属品の値引き合計が17 ~18万円になったら特上クラスだ。

●登場年月(最新改良):’13年10月(’15/12)
●取扱店:ダイハツ店
●価格帯:122万400~187万3800円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 14 万円
平均値引き(装備付属品込み)14.4万円
リセール予想 B-

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU ウェイク/TOYOTA ピクシスメガ

合格ラインは付属品からの値引きを含めて15万円。大都市部ではさらに上乗せがきくことも。ウェイクとピクシスメガの争いにもち込むのもいいが、トヨタが「値引きではかなわない」と引いてしまうことも。攻略のコツはN-BOXスラッシュとの競合だ。

●登場年月(最新改良):’14年11月(’16/5)/’15年7月(’16/5)
●取扱店:ダイハツ店/カローラ店、ネッツ店ほか
●価格帯:135万~184万1400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)12.1万円
リセール予想 B-

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU ミライース/TOYOTA ピクシスエポック/SUBARU プレオプラス

ブランドにこだわらないならプレオプラスが狙い目。姉妹車のなかでは比較的値引きが緩く、攻めやすい。ともあれ三つ巴の争いにもち込むこと。他社ではアルト/キャロルが有効だ。上級グレードは付属品からの値引きを含めて15万円が取れたら特上。

●登場年月(最新改良):’11年9月(’15/4)/’12年5月(’14/7)/’12年12月(’15/4)
●取扱店:ダイハツ店/カローラ店、ネッツ店ほか/スバル店
●価格帯:76万6286~131万6700円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)11.1万円
リセール予想 C

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU ミラココア

思ったより強気。5万円引き程度でストップをかけてくることも。ただしラパンとの競合を伝えると強く反応する。N-ONEも有効だ。隣県に越境できるならダイハツ同士の争いにもち込むこと。大都市部では値引きの合計が20万円近くになった例も。

●登場年月(最新改良):’09年8月(’15/4)
●取扱店:ダイハツ店
●価格帯118万8000~165万2400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)14.0万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU アトレーワゴン/SUBARU ディアスワゴン

大幅な値引きが期待できる。合格ラインは付属品からの値引きを含めて20万円。大都市部では値引きの合計が25万円前後になった例も報告されている。エブリイやバモスをぶつけて“値引きで勝負”にもち込むこと。アトレーVSディアスの競合も有効。

●登場年月(最新改良):’05年5月(’15/11)/’09年9月(’15/11)
●取扱店:ダイハツ店/スバル店
●価格帯:140万4000~174万4200円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 17 万円
平均値引き(装備付属品込み)17.2万円
リセール予想 C+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

DAIHATSU コペン

「値引きはほとんどできませんが、リセール価値が高いので買い替えの際に得をします」などと言ってくることが多い。付属品からの値引きを含めて7 ~ 8万円が取れたら特上クラスだ。ライバルはS660。隣県に越境できるならダイハツ同士の争いを。

●登場年月(最新改良):’14年6月(’16/4)
●取扱店:ダイハツ店
●価格帯:185万2200~212万7600円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 5 万円
平均値引き(装備付属品込み)5.6万円
リセール予想 A+

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

 

値引きの神様 松本隆一のお助けコール
「もうこれが値引きの限界ですか?」「さらに上乗せを得る上手な方法は?」など、購入に関しての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答!
btn_oubo3

 そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年9月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す