【ミニバン】 新車購入値引き生情報(2016年7月)

【ミニバン】 新車購入値引き生情報(2016年7月)

今月はこう攻めろ!
夏のボーナス商戦がスタート。これまで強気な売り方をしてきた人気モデルを割安な値段で購入するチャンスだ。とくに狙い目はプリウスとシエンタ。どちらも“新型効果”が薄れてきているため、このところ緩む傾向がみえてきている。経営資本の異なるトヨタ同士の争いにもち込めば、かなりの成果が期待できそうだ。また、ヴェゼルやCX-3、イグニスといったところも攻めやすくなってきた。さらに販売競争がエスカレートしているミニバンは “もってけ、ドロボー”的なディスカウントを仕掛けてくる。アクアも“買い頃、たたき頃!”

TOYOTA アルファード/ヴェルファイア

大盤振る舞い中! 今月の「X氏の大作戦」では車両本体と付属品から合計58.7万円引きの例を紹介。ここまで取れたら文句なしのウルトラCだ。攻略の秘訣はトヨペット店とネッツ店の競合。経営の違うネッツ店がある地域はヴェルファイア同士を。

●登場年月(最新改良):’15年1月(-/-)/’15年1月(-/-)
●取扱店:トヨペット店 / ネッツ店
●価格帯:319万7782~703万6691円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 37 万円
平均値引き(装備付属品込み)37.5万円
リセール予想 B+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA エスティマ

6月にマイチェンされる予定。新型は付属品からの値引きを含めて20万円程度でストップをかけてくるだろう。トヨタ店とカローラ店の競合にもち込むこと。値引きの合計が30万円を超えたら特上クラス。大都市部ではさらに上乗せも期待したい。

●登場年月(予想最新改良):’06年1月(’16/6)
●取扱店:トヨタ店、カローラ店
●価格帯: 一
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA ヴォクシー /ノア

商談の際「新型セレナにも魅力を感じているが、思い切った数字を出してくれるならトヨタに決める」などとやると効果的。もちろんヴォクシーとノア、エスクァイアの争いも有効。今月の「値引き特報」では値引きの合計が43.4万円になった例を紹介。

●登場年月(予想最新改良):’14年1月(’16/1)/’14年1月(’16/1)
●取扱店:ネッツ店/カローラ店
●価格帯:225万4255~322万9200円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 27 万円
平均値引き(装備付属品込み)28.9万円
リセール予想 B

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA エスクァイア

ヴォクシー/ノアを先行させて揺さぶりをかけると効果的。煮詰まってきたらトヨタ店とトヨペット店の一騎討ちにもち込んで決着を。今月の「私もX氏」では値引きの合計が34.1万円になった例を紹介。ここまで取れたら文句なしの特上クラスだ。

●登場年月(最新改良):’14年10月(’16/1)
●取扱店:トヨタ店、トヨペット店
●価格帯:265万7782~329万5963円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)27.6万円
リセール予想 B

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA アイシス

「とにかく割安なミニバンが欲しい」という人には格好のターゲットだ。設定価格の割には値引きが大きい。車両本体と付属品の値引き合計が35万円を超えたら合格。大都市部では40万円超も期待したい。リセール価値が低いので“長く乗る”を前提に。

●登場年月(最新改良):’04年9月(’16/4)
●取扱店:トヨタ店
●価格帯:199万145~265万8763円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 30 万円
平均値引き(装備付属品込み)29.7万円
リセール予想 D+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA ウィッシュ

TOYOTA ウィシュ黙って座っても20万円引き以上を出してくるだろう。付属品をたっぷり付けたら値引きの合計を35万円以上に。アイシスやプレマシー/ラフェスタHSとの競合を。フリードにも反応する。経営資本の異なるネッツ店がある地域はウィッシュ同士を。

●登場年月(最新改良):’09年4月(’15/5)
●取扱店:ネッツ店
●価格帯:190万5709~259万2982円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 28 万円
平均値引き(装備付属品込み)32.2万円
リセール予想 D+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA プリウスアルファ(7人乗り)

TOYOTA プリウスアルファ夏のボーナス商戦は買い頃、たたき頃! 全国レベルを意識して目標額は30万円としたが、大都市部ではさらに上乗せを期待したい。車両本体と付属品の値引き合計が40万円超となる可能性も。経営資本の異なる販売店同士の争いにもち込むこと。

●登場年月(最新改良):’11年5月(’14/11)
●取扱店:トヨタ4系列全店
●価格帯:282万8618~338万4327円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 30 万円
平均値引き(装備付属品込み)30.9万円
リセール予想 B-

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA シエンタ

TOYOTA シエンタ10万円程度でストップをかけてくることが多い。「早く決めないと納車が遅れる」などと急かしてくるので要注意。トヨタ4系列をまわってシエンタ同士の争いにもち込めば攻略できる。付属品からの値引きを含めて17 ~ 18万円が取れたら合格だ。

●登場年月(最新改良):’15年7月(一/一)
●取扱店:トヨタ4系列全店
●価格帯:168万9709~232万9855円
●納期:3~4ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)16.6万円
リセール予想 B

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN エルグランド

NISSAN エルグランドアルファード/ヴェルファイアとの競合を伝えるとすぐに上乗せしてくる。合格ラインは付属品からの値引きを含めて45万円。大都市部では50万円引きを大きく超えるケースも。下取り車の経過年数/走行距離によって最大10万円のオプション券をプレゼント中。

●登場年月(最新改良):’10年8月(’15/4)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:321万3000~583万4160円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 40 万円
平均値引き(装備付属品込み)43.7万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN セレナ / ランディ

NISSAN セレナ近々新型の事前商談がスタートする。すぐに欲しいという人はセールスマンに「情報が入ったら知らせてほしい」と申し込んでおくこと。合格ラインは付属品からの値引きを含めて20万円としたい。旧型の在庫なら値引き合計が50万円を超えることも。

●登場年月(最新改良):’10年11月(’15/11)/’10年12月(’14/1)
●取扱店:ニッサン全店/スズキ全店
●価格帯:228万5280~308万1240円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN NV200バネット / MITSUBISHI デリカD:3

NV200バネットライバル車がないせいか、強気な売り方をしてくることも。攻略のコツはNV200対デリカD:3の競合。すなわち日産と三菱の争いにもち込むわけだ。経営資本の異なる日産と三菱がある地域は同士討ちを。付属品からの値引きを含めて30万円を。

●登場年月(最新改良):’09年5月(’14/9)/’11年10月(’16/1)
●取扱店:ニッサン全店/ミツビシ全店
●価格帯:193万7520~210万6000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)26.2万円
リセール予想 D+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA オデッセイ

HONDA オデッセイ値引きの緩んでいるアルファード/ヴェルファイアやエスティマをぶつけていくと効果的だ。交渉が煮詰まってきたら経営資本の異なるホンダ同士の争いを明らかにして決着をつけること。付属品をたっぷり付けると値引きの合計が40万円をオーバーすることもある。

●登場年月(最新改良):’13年10月(’16/2)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:289万2840~362万5400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 30 万円
平均値引き(装備付属品込み)34.0万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA オデッセイ (ハイブリッド車)

HONDA オデッセイ ハイブリッドガソリン車よりガードが堅い。ただし夏の商戦ではかなり緩みそうだ。本誌には車両本体と付属品の値引き合計が35万円を超えた例も報告されている。アルファード/ヴェルファイアやエスティマをぶつけるのも有効だが、決め手は経営資本の異なるホンダ同士の競合だ。

●登場年月(最新改良):’16年2月(一/一)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:356万~405万6400円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 27 万円
平均値引き(装備付属品込み)27.8万円
リセール予想 B-

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA ステップワゴン

HONDA ステップワゴン一部改良を機に多少とも引き締めているが、攻め方しだいで攻略は可能。新型セレナの話をもち出すと強く反応する。ヴォクシー/ノアも有効だ。ただし決め手は経営の違うホンダ同士の争い。付属品からの値引きを含めて30万円引き以上を狙いたい。

●登場年月(最新改良):’15年4月(’16/5)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:228万8000~318万4400円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA フリード

HONDA フリード9~10月には新型が発売される予定。したがって6 ~ 8月は現行モデルの最後のバーゲンセールとなる。キャンペーン中の「ナビ+リアモニタープレゼント」(22万6800円相当)を含めて35万円引き以上を狙いたい。経営の違うホンダ同士の争いを。

●登場年月(最新改良):’08年5月(’14/4)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:174万6000~239万2400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 23 万円
平均値引き(装備付属品込み)30.8万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA ジェイド

HONDA ジェイド10万円引き程度で様子を窺ってくることが多いが、プリウスαとの競合を伝えるとすぐに上乗せしてくる。経営資本の異なるホンダ同士の争いも忘れないこと。合格ラインは付属品からの値引きを含めて30万円。大都市部では35万円を超えることも。

●登場年月(最新改良):’15年2月(’15/5)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:253万~292万円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)27.7万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MAZDA ビアンテ

MAZDA ビアンテヴォクシー/ノアや新型セレナ、ステップワゴンなどとの競合をにおわせただけで、すぐさま“値引きで勝負”に出てくるだろう。付属品をたっぷり付けたら値引きの合計を50万円以上にもっていきたい。大都市部では60万円引きに乗った例も。

●登場年月(最新改良):’08年7月(’13/5)
●取扱店:マツダ全店
●価格帯:234万3600~291万600円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 42 万円
平均値引き(装備付属品込み)47.3万円
リセール予想 D-

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MAZDA プレマシー / NISSAN ラフェスタ ハイウェイスター

MAZDA プレマシー攻略のコツはマツダと日産の競合にもち込むこと。ただし、値引き条件はマツダのほうが大きくなるケースが目立っている。ラフェスタHSは付属品からの値引きを含めて40万円前後が取れたら合格。プレマシーなら値引きの合計を45万円以上に。

●登場年月(最新改良):’10年7月(’13/12)/’11年6月(’14/9)
●取扱店:マツダ全店/ニッサン全店
●価格帯:200万8800~260万7120円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 38 万円
平均値引き(装備付属品込み)41.0万円
リセール予想 D

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MITSUBISHI デリカD:5

MITSUBISHI デリカD:5割安な購入ができる。ディーゼルは補助金を満額受け取るため車両本体値引きをゼロとしてくることが多いが、付属品の無料サービス(割引)でカバー。付属品から50万円引きを超えた例も報告されている。ヴォクシー三兄弟やエスティマとの競合を。

●登場年月(最新改良):’07年1月(’15/11)
●取扱店:ミツビシ全店
●価格帯:240万8400~405万5400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 30 万円
平均値引き(装備付属品込み)36.8万円
リセール予想 D+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUBARU エクシーガ クロスオーバー7

SUBARU エクシーガ クロスオーバー7ハリアーやCX-5、CX-3といったSUVを競合させると効果的だ。スバルの販売店は「各都道府県に1社」なので同士討ちにはもち込みにくいが、県境を越えて越境交渉することは可能だ。大都市部では値引きの合計が35万円を超えた例もある。

●登場年月(最新改良):’08年6月(’15/4)
●取扱店:スバル店
●価格:275万4000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)27.5万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

値引きの神様 松本隆一のお助けコール
「もうこれが値引きの限界ですか?」「さらに上乗せを得る上手な方法は?」など、購入に関しての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答!
btn_oubo3

 

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年7月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す