【スポーツ&オープン】新車購入 値引き生情報(2016年7月)

【スポーツ&オープン】新車購入 値引き生情報(2016年7月)

今月はこう攻めろ!
夏のボーナス商戦がスタート。これまで強気な売り方をしてきた人気モデルを割安な値段で購入するチャンスだ。とくに狙い目はプリウスとシエンタ。どちらも“新型効果”が薄れてきているため、このところ緩む傾向がみえてきている。経営資本の異なるトヨタ同士の争いにもち込めば、かなりの成果が期待できそうだ。また、ヴェゼルやCX-3、イグニスといったところも攻めやすくなってきた。さらに販売競争がエスカレートしているミニバンは “もってけ、ドロボー”的なディスカウントを仕掛けてくる。アクアも“買い頃、たたき頃!”

TOYOTA 86 / SUBARU BRZ

TOYOTA 86ロードスターをぶつけていくのもいいが、経営資本の異なるトヨタ同士の競合にもち込むのが手っ取り早い。とくにネッツ店とカローラ店が攻めやすい。もちろんスバルを絡めるのも有効だ。車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えたら合格。

●登場年月(最新改良):’12年2月(’15/2)/’12年2月(’15/2)
●取扱店:トヨタ4系列全店/スバル店
●価格帯:240万8400~317万3237円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)22.4万円
リセール予想 B+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

LEXUS RC/RC F

LEXUS RC車両本体の値引きはゼロ。付属品の割引にさえ難色を示すケースも目立つ。10万円相当の付属品の無料サービスが付いたら合格だ。リセール価値は高値安定型。値引きはなくても買い替えの際の下取り額で恩恵が受けられる。とくにRC Fは強い。

●登場年月(最新改良):’14年10月(’15/9)/’14年10月(’15/9)
●取扱店:レクサス店
●価格帯:521万~1031万円
●納期:3~4ヶ月

車両本体目標 5 万円
平均値引き(装備付属品込み)6.2万円
リセール予想 A

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN GT-R

NISSAN GT-R現行モデルはそろそろオーダーストップとなる。2017年モデルの発売は秋の予定。新型を早々に購入したいというなら事前に申し込んでおくこと。各地の販売店にはGT-R専門の営業所/販売担当を設置している。リセール価値はすこぶる強い。

●登場年月(最新改良):’07年10月(’14/11)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:947万7000~1170万720円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)7.9万円
リセール予想 A

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN フェアレディZ

NISSAN フェアレディZ「Zしか眼中にない」という態度で商談すると強気な売り方をされることもあるので要注意だ。ベンツCLAやC180クーペとの競合を。経営の違う日産がある地域はZ同士の争いを。車両本体と付属品の値引き合計が30万円を超えたら合格だ。

●登場年月(最新改良):’08年12月(’15/7)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:383万1840~573万4800円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)27.0万円
リセール予想 B+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA CR-Z

HONDA CR-Zタイプは違うが、86 /BRZをぶつけていくと効果が得られる。交渉が煮詰まったら経営資本の異なるホンダ同士の争いを明らかにして一気に決着をつけること。付属品からの値引きを含めて15万円が取れたら合格だ。大都市部では20万円オーバーも。

●登場年月(最新改良):’10年2月(’15/8)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:270万~285万円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)14.4万円
リセール予想 C+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MAZDA ロードスター

MAZDA ロードスターライバルは86 /BRZ。相手がトヨタとわかると“値引きで勝負”に出てくることが多い。経営の異なるマツダがある地域はロードスター同士の争いを。大都市部では車両本体と付属品からの値引き合計が20万円を大きく超えた例も報告されている。

●登場年月(最新改良):’15年5月(’15/10)
●取扱店:マツダ店、マツダアンフィニ店
●価格帯:249万4800~319万6800円
●納期:3~5ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)17.1万円
リセール予想 B+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUBARU スバルWRX STI/S4

SUBARU WRX真っ向からぶつかるライバル車がない。そこで隣県に越境できるなら地元と他県のスバル同士の争いにもち込む戦術をお勧めする。車両本体の値引きは抑えてくるが、付属品の割引は大きい。値引きの合計が25万円を超えたら合格と考えていい。

●登場年月(最新改良):’14年8月(’15/6)/’14年8月(’15/6)
●取扱店:スバル店
●価格帯:334万8000~411万4800円
●納期:2~3ヶ月

車両本体目標 17 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.2万円
リセール予想 B+

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

値引きの神様 松本隆一のお助けコール
「もうこれが値引きの限界ですか?」「さらに上乗せを得る上手な方法は?」など、購入に関しての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答!
btn_oubo3

 

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年7月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す