【コンパクトカー】 新車購入 値引き生情報(2016年6月)

今月はこう攻めろ!
もうすぐ夏の商戦がスタート。販売促進として「付属品プレゼント」を実施するケースも目立つ。ここで注意したいのは「プレゼントの金額は定価がベース」ということだ。つまり、仕入れ値(6 ~ 7割)はもっと安いので、プレゼント相当分の金額を車両本体から値引きするよりも販売店の負担は小さくなるわけだ。そこで、当初は「欲しいものがない。その分現金値引きをしてくれたほうが嬉しい」などと言って交渉を進めたほうが得策。最終段階となって現金値引きが頭打ちになったら「じゃ、付属品のプレゼントをもらおう」などとやると、より効果的だ。

TOYOTA アクア

TOYOTA アクア最初は15万円引き程度で様子を窺ってくることが多い。ただし、経営資本の異なるトヨタのディーラー同士の競合にもち込めば上乗せが可能だ。フィットHVやデミオディーゼルをぶつけていくのも有効。合格ラインは付属品からの値引きを含めて25万円。

●登場年月(最新改良):’11年12月(’15/11)
●取扱店:トヨタ4系列全店
●価格帯:176万1382~215万5091円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 20 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.5万円
リセール予想 C+

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

TOYOTA ラクティス / SUBARU トレジア

TOYOTA ラクティス高級車が主体のトヨペット店より大衆車が中心のカローラ店のほうが攻めやすい。この2店の争いにスバルを絡めること。経営の違うカローラ店のある地域は競合を。付属品からの値引きを含めて25万円前後ならまずは合格。30万円超なら文句なしの特上だ。

●登場年月(最新改良):’10年11月(’14/5)/’10年11月(’14/5)
●取扱店:トヨペット店、カローラ店/スバル店
●価格帯:156万6000~213万1000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.4万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

TOYOTA ポルテ/スペイド

TOYOTA ポルテ攻略の秘訣はトヨタ同士の競合。4系列すべてで扱っているので”四つ巴”の争いにもち込むことができる。どちらかといえばスペイドのほうが攻めやすく、値引きも大きくなりがちだ。付属品をたっぷり付けると値引きの合計が30万円前後になることも。

●登場年月(最新改良):’12年7月(’15/7)/’12年7月(’15/7)
●取扱店:トヨタ店、トヨペット店/カローラ店、ネッツ店
●価格帯:163万5709~203万5309円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 20 万円
平均値引き(装備付属品込み)22.4万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

TOYOTA ヴィッツ

TOYOTA  ヴィッツ廉価グレードや特別仕様車は10万円引き程度で話をまとめようとしてくる。付属品からの値引きを含めて15万円前後が取れたら合格。ただし上級グレードは20万円を大きく超えた例も。フィットとデミオとの競合を。経営の違うネッツ店同士の争いも。

●登場年月(最新改良):’10年12月(’15/6)
●取扱店:ネッツ店
●価格帯:115万3637~204万6109円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)16.3万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

NISSAN キューブ

NISSAN キューブ大盤振る舞い中! 車両本体と付属品の値引き合計が30万円を大きく超えた例も報告されている。ただし、リセール価値が崩れているので“長く乗る”を前提にしたい。下取り車キャンペーン対象になっていないのは「どうせ売れない」という表れか?

●登場年月(最新改良):’08年11月(’14/11)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:159万8400~198万7200円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)26.6万円
リセール予想 D-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

NISSAN ノート

NISSAN ノート新型パッソをぶつけていくと“値引きで勝負”に出てくる。アクアやフィット、デミオも有効だ。付属品からの値引きを含めて27 ~ 28万円が取れたら合格。上級グレードは30万円オーバーを。下取り車キャンペーンの対象車(エルグランドの項を参照)。

●登場年月(最新改良):’12年8月(’15/11)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:147万9600~198万7200円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 24 万円
平均値引き(装備付属品込み)24.9万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

NISSAN マーチ

NISSAN マーチ2016年末にフルチェンの噂が出ている。そのせいか、値引きが緩む傾向にある。パッソやヴィッツ、フィット、デミオなどをぶつけていけば楽に攻略できる。上級グレードに付属品をたっぷり付けると値引きの合計が30万円超も。リセール価値は低い。

●登場年月(最新改良):’10年7月(’14/5)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:115万1280~172万1520円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 23 万円
平均値引き(装備付属品込み)24.4万円
リセール予想 D-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

HONDA フリードスパイク

HONDA フリードスパイク8月に新型が発売される予定。現行モデルは末期のバーゲン中。「ナビ+リア席モニター・プレゼント」(22万6800円相当)を含めて35万円引き前後が取れたら合格。上級グレードなら40万円引きも期待できる。経営資本の異なるホンダ同士の競合を。

●登場年月(最新改良):’10年7月(’14/4)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:174万6000~238万円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 23 万円
平均値引き(装備付属品込み)28.9万円
リセール予想 C

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

HONDA フィット

HONDA フィット付属品からの値引きを含めて17 ~18万円が取れたら合格。秘訣は経営の異なるホンダ同士の競合。アクアやブーン/パッソも有効。値引きの上乗せを迫ると「1.9%の低金利キャンペーン」を勧めてくるが残価設定クレジット限定なので安易にのらないこと。

●登場年月(最新改良):’13年9月(’15/9)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:129万9800~222万1000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13万円
平均値引き(装備付属品込み)15.6万円
リセール予想 C+

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

MAZDA デミオ

MAZDA デミオガードが堅い。とくにXDは強気な売り方をしてくる。攻略のコツはアクアやフィットHVをぶつけていくこと。ガソリン車には新型ブーン/パッソが有効だ。車両本体と付属品の値引き合計が15万円前後になったら合格。20万円超なら文句なしの特上。

●登場年月(最新改良):’14年9月(’15/12)
●取扱店:マツダ全店
●価格帯:135万~224万6400円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)12.2万円
リセール予想 C+

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

MITSUBISHI ミラージュ

MITSUBISHI ミラージュ割安な価格設定を強調して「値引きはあまりできない」などと言ってくるが、新型ブーン/パッソやフィット、デミオを競合させると攻略できる。付属品からの値引きを含めて15万円が取れたら合格。上級グレードは値引きの合計が20万円になることも。

●登場年月(最新改良):’12年8月(’15/12)
●取扱店:ミツビシ全店
●価格帯:138万240~148万5000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.7万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

SUZUKI スイフト/スイフトスポーツ

SUZUKI スイフト後でストップをかけてくることが多い。攻略のコツはフィットやデミオをぶつけていくこと。スポーツにはヴィッツRSやアクセラスポーツも有効だ。今月の「私もX氏」では値引きの合計が24.5万円になった例を紹介。。

●登場年月(最新改良):’10年8月(’13/7)/’11年11月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:131万6520~183万8160円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)22.9万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

SUZUKI バレーノ

フィットを先行させて揺さぶりをかけると効果的だ。デミオも有効。上級グレードにはアクアやフィットHVを競合させるといい。サブディーラーを含めたスズキの販売店同士の争いも忘れずに。合格ラインは付属品からの値引きを含めて15万円としたい。

●登場年月(最新改良):’16年3月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:141万4800~161万7840円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

SUZUKI ソリオ/ MITSUBISHI デリカD:2

SUZUKI ソリオタイプは違うが、シエンタとの競合を伝えると効果的だ。ポルテ/スペイドも有効。交渉が煮詰まったらソリオVSデリカD:2の争いを明らかにして一気に決着をつけること。車両本体と付属品の値引き合計が25万円前後になったら特上クラスだ。

●登場年月(最新改良):’15年8月(一/一)/’15年12月(一/一)
●取扱店:スズキ全店/ミツビシ全店
●価格帯:178万7400~208万9800円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 18 万円
平均値引き(装備付属品込み)18.6万円
リセール予想 C+

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

TOYOTA パッソ/ DAIHATSU ブーン

付属品からの値引きを含めて5万円程度を提示して「これ以上はできない」というケースが目立つ。フィットやデミオとの競合を。軽自動車も有効。経営の違うカローラ店同士も。値引きの合計が12 ~ 13万円になったら合格。大都市部では15万円引きも。

●登場年月(最新改良):’16年4月(一/一)/’16年4月(一/一)
●取扱店:ダイハツ店/カローラ店
●価格帯:115万200~185万3270円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 8 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C+

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

VOLKSWAGEN [輸入車] ポロ

VOLKSWAGEN ポロ以前は10万円引き程度でストップをかけてきたが、最近はかなり緩い。20万円引きから商談がスタートすることも。攻略のコツはアクアやフィールダーHV、フィットHVをぶつけていくこと。付属品からの値引きを含めて20万円前後が取れたら合格だ。

●現行型導入年月:’09年10月
●取扱店:フォルクスワーゲン全店
●価格帯:228万4000~334万2000円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 27 万円
平均値引き(装備付属品込み)29.7万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

VOLKSWAGEN [輸入車] アップ!

VOLKSWAGEN  アップ!こちらもポロと同様に買い頃、たたき頃! 車両本体と付属品の値引き合計が25万円前後になったら合格。本誌にはさらに上乗せがきいた例も報告されている。アクアやフィットなどの国産HVとの競合にもち込むと効果的だ。経営の違うVW同士の争いも。

●現行型導入年月:’12年9月
●取扱店:フォルクスワーゲン全店
●価格帯:154万8000~189万円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.0万円
リセール予想 C-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

BMW MINI [輸入車] MINI

BMW MINI ミニクーパー全国的に「値引きゼロ」で販売中。付属品の割引や無料サービスにも応じないので「レクサスよりガードが堅い」と思っていただきたい。ただし、中古車価格は高値安定型なので、買い替えの際には“割高な下取り査定額”によって大きな恩恵が受けられる。

●現行型導入年月:’14年3月
●取扱店:BMW MINI正規店
●価格帯:226万~481万円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 3 万円
平均値引き(装備付属品込み)2.7万円
リセール予想 A-

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

値引きの神様 松本隆一のお助けコール
「もうこれが値引きの限界ですか?」「さらに上乗せを得る上手な方法は?」など、購入に関しての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答!
btn_oubo3

 

<<そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2016年6月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す