【ロードスター(マツダ)】新車値引き最新情報(2017年3月)

MAZDA ロードスター

MAZDA ロードスターガードが固い。値引きの基本は3 ~ 5万円という店が多いが上乗せは可能。付属品の値引きを含めて12 ~ 13万円でストップをかけてくるケースが目立つ。攻略のコツは86 /BRZをぶつけていくこと。とくに相手がトヨタとわかると値引き条件や下取り額を上乗せしてくる確率が高い。経営資本の異なるマツダの販売店がある地域はロードスター同士の競合を。隣県に越境するのも大いに有効だ。車両本体と付属品の値引き合計が20万円前後になったら合格。とくに大都市部は緩くなる。いますぐに注文してもRFの納期は6月以降になってしまう。

●登場年月(最新改良):’15年5月(’15/10)
●取扱店:マツダ店、マツダアンフィニ店
●価格帯:249万4800~319万6800円
●納期:3~5ヶ月

車両本体目標 18 万円
平均値引き(装備付属品込み)19.4万円
リセール予想 B+

ロードスター値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする 方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す