【コンパクトカー】 新車購入 値引き生情報(2017年3月)

【コンパクトカー】 新車購入 値引き生情報(2017年3月)

TOYOTA アクア

ヴィッツHVの登場でネッツ店以外の販売店は「お客を奪われる」とみている。ノートe-POWERの攻勢もあって決算商戦は“値引きで勝負”に出てくることは間違いない。付属品の値引きを含めて30万円超を。交渉が煮つまったらトヨタ同士の争いで一気に決着を

●登場年月(最新改良):’11年12月(’15/11)
●取扱店:トヨタ4系列全店
●価格帯:176万1382~215万5091円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.8万円
リセール予想 C+

アクア値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA ポルテ/スペイド

TOYOTA ポルテポルテはトヨタ店とトヨペット店、スペイドはカローラ店とネッツ店で販売しているので 文字通り“四つ巴”の争いが可能だ。スペイドのほうが緩くなる傾向があらわれている。車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えたら合格。30万円オーバーなら特上クラス。

●登場年月(最新改良):’12年7月(’16/6)/’12年7月(’16/6)
●取扱店:トヨタ店、トヨペット店/カローラ店、ネッツ店
●価格帯:177万7680~210万600円/177万7680~210万600円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 23 万円
平均値引き(装備付属品込み)24.3万円
リセール予想 C-

ポルテ/スペイド値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA ヴィッツ

HVもガソリン車も「安売りするな」との指示が出ている。「車両本体から3万円引き+付属品10%割引」を基本としているディーラーが目立つ。なかには「車両本体値引きはできない。かわりに5万円相当の付属品をサービスする」というケースも。HVにはノートe-POWERやフィットHV、デミオXDをぶつけていくと効果が得られる。ガソリン車にはパッソやフィット、デミオが有効。ただし、決め手は経営資本の異なるネッツ店同士の争い。現状では値引き合計が12 ~13万円になったら、まずは合格。15万円オーバーなら特上クラスだ。

●登場年月(最新改良):’10年12月(’15/6)
●取扱店:ネッツ店
●価格帯:118万1520~223万7760
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C-

ヴィッツ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN キューブ

「新車を買うには予算不足」という人も試しに見積もりを取ってみることをお勧めする。合格ラインは付属品値引きを含めて30万円。さらに上乗せがきくことも。トール四兄弟をぶつけると強く反応。残価設定ローンを積極的に勧めており、特別金利2.9 %が利用できる。

●登場年月(最新改良):’08年11月(’16/7)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:162万~198万7200円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)25.1万円
リセール予想 D-

キューブ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN ノート

売れ筋のe-POWERは7 ~ 8万円引きでストップをかけてくることも。コツは値引きの緩んでいるアクアを先行させて攻めること。フィットHVやデミオXDも有効。経営の異なる日産がある地域はノート同士を。大都市部では値引きの合計が20万円前後になることも。

●登場年月(最新改良):’12年8月(’16/11)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:139万3200~224万4240c
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)15.1万円
リセール予想 C-

ノート値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN マーチ

NISSAN マーチ新型ヴィッツとの競合を伝えると値引きや下取り額を上乗せして対抗してくる。パッソやフィット、デミオも有効だ。車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えたら合格。リセール価値が崩れているので購入するなら“できるだけ長く乗る”を前提としたほうがいい。

●登場年月(最新改良):’10年7月(’14/5)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:115万1280~172万1520円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 23 万円
平均値引き(装備付属品込み)24.0万円
リセール予想 D-

マーチ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA フリード+

多少とも緩んできた。決算商戦は割安な買い物をするチャンス。経営の異なるホンダをまめにまわってフリード同士の競合に持ち込むこと。グレードによってはトール四兄弟やソリオをぶつけていくのもいい。車両本体と付属品の値引き合計が15万円になったら合格。

●登場年月(最新改良):’16年9月(一/一)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:190万~274万8200円
●納期:2~3ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)12.3万円
リセール予想 C+

フリード値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA フィット

売れ筋のHVが苦戦を強いられている。これまでも大幅な値引きを出しているアクアや注目のノートe- POWER に押され気味だったが、さらにヴィッツHVが登場。ホンダのディーラーは「嫌な時期に嫌な新型が発売された。決算商戦は厳しい戦いになる」と戦々恐々。以前は強気な売り方をしていたが、「値引きで勝負もやむなし」の状況に追い込まれているのだ。これから購入するならHVだけでなく、ガソリン車も付属品の値引きを含めて20万円超を狙いたい。大都市部では値引きの合計が25万円になった例も。交渉が煮つまったらホンダ同士で決着を

●登場年月(最新改良):’13年9月(’15/9)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:129万9800~222万1000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 17万円
平均値引き(装備付属品込み)18.3万円
リセール予想 C+

フィット値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MAZDA デミオ

多少とも緩む傾向が出てきている。アクアやヴィッツ、ノート、フィットをぶつけていくと効果的だ。経営資本の異なるマツダがある地域はデミオ同士の争いに持ち込むこと。車両本体と付属品の値引き合計が15万円を超えたら合格。20万円前後ならウルトラCだ。

●登場年月(最新改良):’14年9月(’16/10)
●取扱店:マツダ全店
●価格帯:135万~222万4800円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)10.5万円
リセール予想 C+

デミオ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MITSUBISHI ミラージュ

MITSUBISHI ミラージュ新型ヴィッツを競合させると強く反応する。ブーン/パッソやフィット、デミオも効果的だ。経営資本の異なる三菱の販売店がある地域ならミラージュ同士で決着を。車両本体と付属品の値引き合計が15万円を超えたら合格。20万円なら特上。リセール価値は低い。

●登場年月(最新改良):’12年8月(’15/12)
●取扱店:ミツビシ全店
●価格帯:138万240~148万5000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.7万円
リセール予想 D

ミラージュ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI スイフト/スイフトスポーツ

値引きの基本は7 ~ 8万円というディーラーが多い。付属品の値引きを含めて10万円で話をまとめようとしてくる傾向がある。攻略のコツはヴィッツやノート、フィットをぶつけていくこと。合格ラインは付属品からの値引きを含めて15万円。大都市部ではさらに上乗せも。

●登場年月(最新改良):’16年12月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:134万3520~184万5720円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 12 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C-

スイフト/スイフトスポーツ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI バレーノ

初売りを機に値引きが拡大。決算商戦ではさらに緩みそうだ。合格ラインは付属品の値引きを含めて20万円。本誌には値引きの合計が25万円を超えた例も。ヴィッツやノート、フィットをぶつけていくこと。サブディーラーを含めたスズキ同士の争いも忘れずに。

●登場年月(最新改良):’16年3月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:141万4800~161万7840円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 18 万円
平均値引き(装備付属品込み)19.2万円
リセール予想 C

バレーノ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI ソリオ/ MITSUBISHI デリカD:2

“ソリオキラー”トール四兄弟の登場によって緩んできた。スズキのセールスマンによれば「ダイハツもトヨタも新型にしては値引きが大きいので、こちらはさらに上乗せしないと買ってもらえない」とのこと。また、ソリオとデリカD:2の争いに持ち込むのも効果的。どちらかといえば三菱のほうが攻めやすい。また、サブディーラーを含めたスズキの販売店をまめにまわってソリオ同士の争いに持ち込むのも大いに有効だ。付属品からの値引きを含めて22 ~ 23万円が取れたら合格。25万円以上なら特上クラスだ。リセールではトール四兄弟が多少とも有利。

●登場年月(最新改良):’15年8月(’16/11)/’15年12月(’17/2予想)
●取扱店:スズキ全店/ミツビシ全店
●価格帯:145万4670~208万9800円/178万7400~218万7000
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 20 万円
平均値引き(装備付属品込み)18.9万円
リセール予想 C+

ソリオ/デリカD:2値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI イグニス

決算商戦は割安な購入をするチャンスだ。フィットやヴィッツ、アクア、ノートなどのライバル車を先行させて競合に持ち込めば攻略できる。サブディーラーも含めたスズキ同士の争いも忘れずに。車両本体と付属品の値引き合計が25万円前後になったら文句なしの特上。

●登場年月(最新改良):’16年1月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:138万2400~177万8760円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 17 万円
平均値引き(装備付属品込み)17.2万円
リセール予想 C+

イグニス値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA パッソ/ DAIHATSU ブーン

大きく緩んできた。決算商戦では付属品の値引きを含めて25万円以上を狙いたい。今月の「私もX氏」では値引きの合計が30.3万円(値引き率17.4%!)になった例を紹介。ここまで取れたら超ウルトラC。ブーンVSパッソの争いにヴィッツを絡めると効果的だ。

●登場年月(最新改良):’16年4月(一/一)/’16年4月(一/一)
●取扱店:ダイハツ店/カローラ店
●価格帯:115万200~185万3270円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 20 万円
平均値引き(装備付属品込み)20.3万円
リセール予想 C+

パッソ/ブーン値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

DAIHATSU トール/TOYOTA ルーミー・タンク/SUBARU ジャスティ

ソリオ/デリカD:2をぶつけていくのもいいが、決め手は四兄弟による“四つ巴”の争いだ。とくにトヨタが緩くなる傾向があらわれている。これから購入するなら付属品の値引きを含めて15万円以上を狙いたい。大都市部では20万円の大台が飛び出す可能性もある。

●登場年月(最新改良):’16年11月(一/一)/’16年11月(一/一)/’16年11月(一/一)/’16年11月(一/一)
●取扱店:ダイハツ店/トヨタ店、カローラ店/トヨペット店、ネッツ店/スバル店
●価格帯:146万3400~200万8800円/146万3400~200万8800円/
146万3400~200万8800円/152万8200~213万8400円
●納期:2~4ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)14.9万円
リセール予想 C+

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

VOLKSWAGEN [輸入車] ポロ

VOLKSWAGEN ポロ車両本体から3%引きを基本としている。現状では5 ~ 6%が取れたら合格と考えていい。大都市部では在庫車を対象に7 ~ 8%という例も。アクアやノートe-POWER、フィールダーHV、オーリスHV、フィットHVが有効。経営の異なるVW店がある地域はポロ同士を。

●現行型導入年月:’09年10月
●取扱店:フォルクスワーゲン全店
●価格帯:199万9000~337万9000円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 20 万円
平均値引き(装備付属品込み)22.2万円
リセール予想 C-

ポロ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

VOLKSWAGEN [輸入車] アップ!

VOLKSWAGEN  アップ!国産車と競合することが多い。とくにアクアやノートe-POWER、フィットHVをぶつけていくと強く反応する。デミオXDもいい。ただし、一番効果的なのは経営資本の異なるVWの販売店同士の争いだ。車両本体と付属品の値引き合計が25万円前後になったら合格。

●現行型導入年月:’12年9月
●取扱店:フォルクスワーゲン全店
●価格帯:154万8000~194万円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 18 万円
平均値引き(装備付属品込み)21.5万円
リセール予想 C-

アップ!値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

BMW MINI [輸入車] MINI

BMW MINI ミニクーパー「値引きはいっさいしません」という店がほとんどだ。実際、車両本体から現金値引きが出た例はほとんどない。数万円分の無料サービス品が付いたら合格。10万円相当なら文句なしの特上クラスだ。リセール価値が高いので買い替えの際に大きな恩恵が受けられる。

●現行型導入年月:’14年3月
●取扱店:BMW MINI正規店
●価格帯:226万~483万円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 3 万円
平均値引き(装備付属品込み)4.0万円
リセール予想 A-

ミニ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

値引きの神様 松本隆一のお助けコール
「もうこれが値引きの限界ですか?」「さらに上乗せを得る上手な方法は?」など、購入に関しての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答!
btn_oubo3

 

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す