【コンパクトカー】 新車購入 値引き生情報(2017年1月)

【コンパクトカー】 新車購入 値引き生情報(2017年1月)

今月はこう攻めろ!
年末商戦、真っ盛り。この時期は「年内登録か、それとも新年登録か?」が問題となる。中古車の月落ちは通常2 ~ 3万円だが、12月と1月では“年落ち”が加わるため、その差はさらに大きくなる。内輪にみても5万円は違うだろう。しかし、販売店には「年内の販売実績にしたい」という思惑があるため「年内登録なら特別な値引き条件が出せる」などと言ってくる。しかし新年登録にこだわるなら「年内に登録はしたくない」と明言すること。新年登録を前提に交渉して条件が煮詰まった時点で「年内登録にしたら、これよりいくら安くなる?」とやるのも有効だ。

TOYOTA アクア

日産がついに“アクアキラー”(ノートHV)を投入。トヨタ側は「これまでのような商売はできない」と戦々恐々。セールスマンにコメントを求めると「ノートは設定価格をズバリとアクアに合わせてきているが、値引きはこちらのほうが大きいので実売価格では10万円以上の差が出せる。競合したらこの割安感を強調して売り込む」とのこと。フィットHVを絡めるのも有効。もちろん経営の違うトヨタ同士の争いも。付属品からの値引きを含めて25万円が取れたら合格。大都市部では30万円の大台が飛び出す可能性も。

●登場年月(最新改良):’11年12月(’15/11)
●取扱店:トヨタ4系列全店
●価格帯:176万1382~215万5091円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 20 万円
平均値引き(装備付属品込み)21.8万円
リセール予想 C+

アクア値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA ポルテ/スペイド

TOYOTA ポルテ決め手はトヨタ同士の競合。ポルテはトヨタ店とトヨペット店、スペイドはカローラ店とネッツ店で販売しているので文字通り“四つ巴”の争いが可能だ。一概には言えないがスペイドのほうが緩くなる傾向がある。本誌には値引きの合計が30万円を超えた例も。

●登場年月(最新改良):’12年7月(’15/7)/’12年7月(’15/7)
●取扱店:トヨタ店、トヨペット店/カローラ店、ネッツ店
●価格帯:163万5709~203万5309円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.3万円
リセール予想 C-

ポルテ/スペイド値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA ヴィッツ

TOYOTA  ヴィッツ年明けにマイチェンされる予定。すでに事前商談がスタート。値引きの基本は5万円という店が多い。付属品からの値引きを含めて12~ 13万円が取れたら合格。15万円超なら特上。フィットやデミオとの競合を。経営の違うネッツ店がある地域はヴィッツ同士を。

●登場年月(予想最新改良):’10年12月(’16/11)
●取扱店:ネッツ店
●価格帯:一
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C-

ヴィッツ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN キューブ

「モデルにはこだわらない。とにかく割安なコンパクトカーが欲しい」という人には格好のターゲットだ。合格ラインは付属品からの値引きを含めて30万円。上級グレードは35万円を超えることも。リセール価値が崩れ気味なので「長く乗る」を前提とすること。

●登場年月(最新改良):’08年11月(’16/7)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:162万~198万7200円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 25 万円
平均値引き(装備付属品込み)25.1万円
リセール予想 D-

キューブ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN ノート

注目のHVは5万円引きを提示して「これ以上の値引きを出すと注文書が通らない」などと言ってくるケースが目立つ。攻略の秘訣はアクアとフィットHVをぶつけていくこと。とくにトヨタは“値引きで勝負”に出てくるので、実売価格(支払い総額)を比べながら「アクアなら20万円も安く買える。せめて、その差が半分にならないと家族を説得できない」などと攻めると効果的だ。経営資本の異なる日産の販売店がある地域はノート同士の競合を。現状では車両本体と付属品の値引き合計が15万円前後になったら合格。

●登場年月(最新改良):’12年8月(’16/11)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:139万3200~224万4240c
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C-

ノート値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

NISSAN マーチ

NISSAN マーチ廉売中。キューブと同様に割安な買い物ができる。車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えたら合格。上級グレードに付属品をたっぷり付けると値引きの合計が30万円オーバーすることも。新型ヴィッツとの競合を。パッソやフィット、デミオも有効だ。

●登場年月(最新改良):’10年7月(’14/5)
●取扱店:ニッサン全店
●価格帯:115万1280~172万1520円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 23 万円
平均値引き(装備付属品込み)24.0万円
リセール予想 D-

マーチ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA フリード+

強気な売り方を展開中。車両本体と付属品から7 ~ 8万円引きで「限界」としてくることが多い。現状では値引きの合計が10 ~ 12万円になったら合格。15万円なら文句なしの特上クラスだ。経営資本の異なるホンダのディーラーと商談してフリード+同士の競合を。

●登場年月(最新改良):’16年9月(一/一)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:190万~274万8200円
●納期:2~4ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)8.2万円
リセール予想 C+

フリード値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

HONDA フィット

HONDA フィットHVを狙うならアクアとノートHVをぶつけていくと効果的。とくにノートに強く反応する。交渉が煮つまったら経営の異なるホンダ同士の争いを明らかにしてズバリと攻め込むこと。本誌には車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えた例も報告されている。

●登場年月(最新改良):’13年9月(’15/9)
●取扱店:ホンダカーズ店
●価格帯:129万9800~222万1000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 15万円
平均値引き(装備付属品込み)18.5万円
リセール予想 C+

フィット値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MAZDA デミオ

マイチェンを実施。地方は「5万円が限界。これ以上はできない」などと言ってくることが多い。攻略のコツはアクアやフィット、ヴィッツ、ブーン/パッソとの競合。経営資本の異なるマツダがある地域はデミオ同士を。値引き合計が15万円を超えたら合格だ。

●登場年月(最新改良):’14年9月(’16/10)
●取扱店:マツダ全店
●価格帯:135万~222万4800円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C+

デミオ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

MITSUBISHI ミラージュ

MITSUBISHI ミラージュブーン/パッソを競合させると強く反応する。ヴィッツやフィット、デミオも有効。経営の異なる三菱の販売店がある地域ならミラージュ同士の争いに持ち込むこと。付属品の値引きを含めて15万円を超えたら合格。20万円なら特上。リセール価値は崩れている

●登場年月(最新改良):’12年8月(’15/12)
●取扱店:ミツビシ全店
●価格帯:138万240~148万5000円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.7万円
リセール予想 C-

ミラージュ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI スイフト/スイフトスポーツ

SUZUKI スイフト「年内にフルチェン」の噂が出ていたが、ディーラーによれば「まだ何も聞いていない。2月頃に延期となったようだ」とのこと。現行モデルは割安な購入が可能。付属品からの値引きを含めて25万円超を。オーダーストップとなる可能性もあるので早めに商談を。

●登場年月(最新改良):’10年8月(’13/7)/’11年11月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:131万6520~183万8160円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.0万円
リセール予想 C-

スイフト/スイフトスポーツ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI バレーノ

開口一番「逆輸入車なのでマージンが少ない。だから値引きは5 万円しかできない」などと言ってくることも。現状では車両本体と付属品の値引き合計が13 ~ 15万円になったら合格。サブディーラーを含めたスズキの販売店をまわってバレーノ同士の競合を。

●登場年月(最新改良):’16年3月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:141万4800~161万7840円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 10 万円
平均値引き(装備付属品込み)11.1万円
リセール予想 C

バレーノ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI ソリオ/ MITSUBISHI デリカD:2

SUZUKI ソリオ攻略の決め手はルーミー/タンクをぶつけていくこと。相手がトヨタの“ソリオキラー”とわかると値引き条件を上乗せしてくる。ソリオVSデリカD:2も有効。車両本体と付属品の値引き合計が20万円を超えたら合格。25万円が取れたら文句なしの特上クラス。

●登場年月(最新改良):’15年8月(一/一)/’15年12月(一/一)
●取扱店:スズキ全店/ミツビシ全店
●価格帯:178万7400~208万9800円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 16 万円
平均値引き(装備付属品込み)16.3万円
リセール予想 C+

ソリオ/デリカD:2値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

SUZUKI イグニス

SUZUKI イグニスセールスマンによれば「ライバルはフィット。競合していることがわかると値引きを上乗せして対抗する」そうだ。ブーン/パッソも有効。サブディーラーも含めたスズキ同士の争いも忘れずに。車両本体と付属品の値引き合計が20万円前後になれば特上クラス。

●登場年月(最新改良):’16年1月(一/一)
●取扱店:スズキ全店
●価格帯:138万2400~177万8760円
●納期:1~2ヶ月

車両本体目標 15 万円
平均値引き(装備付属品込み)15.2万円
リセール予想 C+

イグニス値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

TOYOTA パッソ/ DAIHATSU ブーン

年末商戦は割安な購入をするチャンスだ。付属品の値引きを含めて15万円が取れたら合格。大都市部では20万円台が飛び出す可能性も。フィットやヴィッツ、デミオとの競合も有効だが決め手はブーンVSパッソ。経営の違うカローラ店がある地域はパッソ同士を。

●登場年月(最新改良):’16年4月(一/一)/’16年4月(一/一)
●取扱店:ダイハツ店/カローラ店
●価格帯:115万200~185万3270円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 13 万円
平均値引き(装備付属品込み)13.4万円
リセール予想 C+

パッソ/ブーン値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

VOLKSWAGEN [輸入車] ポロ

VOLKSWAGEN ポロ20万円引き程度ではもの足りない。車両本体と付属品の値引き合計が30万円前後になったら合格。さらに上乗せがきいた例も。アクアやノートHV、フィールダーHV、オーリスHV、フィットHVが有効。経営の異なるVW店がある地域はポロ同士の競合を。

●現行型導入年月:’09年10月
●取扱店:フォルクスワーゲン全店
●価格帯:199万9000~337万9000円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 27 万円
平均値引き(装備付属品込み)27.2万円
リセール予想 C-

ポロ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

DAIHATSU トール/TOYOTA ルーミー・タンク/SUBARU ジャスティ

ライバルはソリオ/デリカD:2 。上級グレードにはフリード+も有効。トヨタのルーミー/タンクを狙うなら「N‒BOXやタントを検討しているが、軽自動車にこだわっているわけではない」などとやると効果が得られる。交渉が煮つまったら四姉妹車の競合を明らかにして一気に攻めるのがセオリーだ。値引きの基本は3万円という店が多い。これに数万円分の付属品の無料サービスを付けて合計5 ~ 7万円引きで購入を決めているケースが目立つ。値引き合計が10万円を超えたら合格。15万円に届いたら文句なしの特上。

●登場年月(最新改良):’16年11月(一/一)
●取扱店:ダイハツ店/トヨタ4系列全店/スバル店
●価格帯:146万3400~213万8400円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 7 万円
平均値引き(装備付属品込み)万円
リセール予想 C+

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

VOLKSWAGEN [輸入車] アップ!

VOLKSWAGEN  アップ!輸入車だが国産車を競合させるといい。とくにアクアやノートHV、フィットHVをぶつけていくと大きな効果が得られる。デミオのディーゼルも有効。ただし決め手は経営の異なるVW同士の争い。車両本体と付属品の値引き合計が25万円を超えたら合格。

●現行型導入年月:’12年9月
●取扱店:フォルクスワーゲン全店
●価格帯:154万8000~194万円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 22 万円
平均値引き(装備付属品込み)23.3万円
リセール予想 C-

アップ!値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

BMW MINI [輸入車] MINI

BMW MINI ミニクーパー超・強気! これまで車両本体から現金値引きが出た例はほとんど報告されていない。付属品の割引にも応じないケースも目立つ。数万円分の無料サービス品が付いたら合格と考えていい。ただし、リセールが強いので買い替えの際に大きな恩恵が受けられる。

●現行型導入年月:’14年3月
●取扱店:BMW MINI正規店
●価格帯:226万~483万円
●納期:1~3ヶ月

車両本体目標 3 万円
平均値引き(装備付属品込み)2.7万円
リセール予想 A-

ミニ値引き最新情報

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

値引きの神様 松本隆一のお助けコール
「もうこれが値引きの限界ですか?」「さらに上乗せを得る上手な方法は?」など、購入に関しての疑問・質問に値引きの神様・松本隆一がズバッと回答!
btn_oubo3

 

そのほか、「新車値引き」の最新情報はこちら>>

トータル値引きをもっと上乗せする方法>>

『月刊自家用車』 2017年1月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す