値引き条件をキープするために 1万円を払ってしまった……

phone_questionミニバンを検討しています。数日前、追加となったばかりの特別仕様車を見に行きました。セールスさんはとても熱心な人で、最初から店長さんに掛け合って約31万円引きを提示してきました。正直、発売直後の特別仕様車をこれほど値引きしてくれるとは思っていませんでした。私が驚いていると「通常は20万円引きですが、どうしても今日、契約が欲しいので頑張りました。決めてください!」と迫ってきました。しかし、まだクルマ選びを始めたばかりで、他のライバル車も検討したいと思っています。そこで「この場で決めることはできません」と断りました。すると「店長が『提示した値引き条件はフェア開催日の特別な条件なので、明日になったら出せない』と言っています。ただし、1万円を入れていただければ、この条件をキープしておきます」と言ってきました。そこで、軽い気持ちで1万円を預けて帰ってきました。しかし、よく考えると「お金を払うと契約したことになるのではないか」と心配になってきました。なお、ディーラーとは注文書などは交わしていません。また、口頭で「購入する」といった約束もしていません。

 

 

phone_answer1結論から言うと「購入をやめても問題はない」と思います。ディーラーに渡した1万円は新車を注文するときの「申込金」という性格で「購入(契約)の意思表示」とみることができます。ただし、正式な注文書を交わしていなければ契約とは認められないので、たとえ購入をやめたとしても損害賠償などを請求されることはありません。預けた1万円も全額戻ってくるでしょう。

ディーラー側には「思い切った値引きを出したら(注文書に)サインと申込金を取りたい」という意識が強くあります。こうしておけば、あとで「気が変わった」というのが防げるからです。ご質問のケースでは「サインは難しそうなので申込金だけ取った」ということでしょう。客側に「お金を払ってしまった。断りにくい」という心理が働くことを期待してのやり方と言えます。

ともあれ、あわてて1万円の返却を迫る必要はありません。じっくりとライバル車と商談して、どれにするか決めるといいでしょう。ちなみに、該当のミニバンは大幅な値引きを出しており、特別仕様車も通常グレード並みの値引きが期待できます。実際、31万円引きではもの足りません。40万円引きオーバーを狙いたいところです。

 

そのほか、「新車購入」の相談はこちら>>

「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』2016年10月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す